いつも月夜に本と酒

ライトノベルの感想を中心に興味のあることを日々つらつらと書き連ねるブログです。



「千歳くんはラムネ瓶のなか」裕夢(ガガガ文庫)

「五組の千歳朔はヤリチン糞野郎」――学校裏サイトで叩かれながらも、藤志高校のトップカーストに君臨するリア充・千歳朔。彼のまわりには、外見も中身も優れた友人たちがいつも集まっている。圧倒的姫オーラの正妻ポジション・柊夕湖、努力型の後天的リア充・内田優空、バスケ部エースの元気娘・青海陽……。仲間たちと楽しく新クラスをスタートさせたのも束の間、朔はとある引きこもり生徒の更生を頼まれる。これは、彼のリア充ハーレム物語か、それとも――? 新時代を告げる“リア充側”青春ラブコメ、ここに堂々開幕!!

第13回小学館ライトノベル大賞優秀賞受賞。


スクールカーストを主題にした非リア更生青春ラブコメ
同レーベルの『弱キャラ友崎くん』と似たコンセプトの作品であるが、大きく違う点として主人公が教わる側のオタクはなく、教える側のリア充であること。そしてもう一つ、男が男を育成する話であること。
主人公のリア充自慢兼ヒロイン紹介の一章が長くてきついが、
そもそも、本物のリア充はそのことを自慢しないと思うんですが。歪んでいる気がするリア充像に、非リアへの説教に、拗らせているスクールカーストコンプレックス。この手の作品を読むと毎度「この子たちの高校生活は息苦しそう」と思う。……話が逸れた。
本題に入る二章からは青春感がグッと強くなって面白くなる。
主人公の朔は情に熱い男で、その自信に違わぬイケメンっぷり。糞オタどもをやり込めるシーンはスカッとする。教わる側の健太は卑屈でヘタレなテンプレオタクながら、根は素直で一生懸命なので読んでいて清々しい。時々出るキレのいいツッコミもグッド。
その二人がそれぞれに自分の理想を目指す物語は、青春ストーリーとして十分に面白かった。
しかし、ラブコメとしては落第点。そもそもこれはラブコメなのか?
グループ内に女の子が四人もいるのに、みんな個性がなくてモブっぽい。バーバー露出癖夕湖は後半やっと認識できたが、あとの3人は絵がないと誰が誰かマジでわからん。どうしてみんな同じような口調で同じような名前にしてしまったのか(や行の名前好きすぎるだろう)。区別がつかない女の子に魅力を感じるわけもなく、、、ヒロインは健太ってことで。
本音を言うとラブコメを期待していて(あらすじにラブコメってあるし)、口絵の人物紹介でその期待が高まっただけに、期待外れだった面は否めない。

6/23の雑談

昨日

夏至だったのね。
早いなあ。


衣替え

ようやく本格的に衣替えしました。
こたつテーブルの下もござに変更。
夏の準備の残りは、扇風機とベランダの日よけくらいかな。暑くないのでぼちぼちで。



家庭菜園

~もうすぐ収穫コレクション~


f:id:bluets8:20190623130020j:plain:w400
キュウリ
こいつが今年の収穫第一号(予定)



f:id:bluets8:20190623130035j:plain:w400
トマト



f:id:bluets8:20190623130051j:plain:w400
ピーマン
細長いのはそういう品種だから



f:id:bluets8:20190623130111j:plain:w400
インゲン



この他にプランターで紫蘇と小松菜始めました。



お届き物

「アステリズムに花束を 百合SFアンソロジー」編:S-Fマガジン編集部(ハヤカワ文庫JA
響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、決意の最終楽章 後編」武田綾乃宝島社文庫



ユーフォ来た!
タオルを用意して読まないとね。

着飾る(今週のアニメ感想)

ぼくたちは勉強ができない 第11話 威厳ある先任者は時に[X]にかしづく

真冬先生(で遊ぼうの)回。
コスプレすること自体には抵抗ないんすね。フィギュア出身の彼女には、メイド服やブレザーなど造作もなかったか。コスプレに恥ずかしがらないところ以外はパーフェクトなポンコツヒロインだった。傍から見ている分には本当に可愛い。傍から見ている分には。
まーた文乃っちか。『目撃者 ~文乃~』というスピンオフ作品が作れそうな勢いだねw



川柳少女 第11話 あなたと花火を

スマートに 手を取り指輪 つける君
エイジ君やりますなあ。
七々子の意をちゃんと汲み取って探し回るところもポイント高い。
これはクラスメイト公認も納得。

J1 第16節

名古屋 1-2 清水


久々のBS1中継の日

前半の感想

名古屋、半分外人やんけ(ハーフの長谷川を0.5ずつとすると、丁度5.5人ずつだった)
金のあるチームはいいなあ。

~以降家事タイム~

後半の後半

ほげ――――――――!!!!?!!
西澤くんがまたやってくれました! 
後半ATに追い付かれた時には「知ってた」(糞デカ溜息)ってなったのに。
マリノス戦同様、ボールポゼッション1/3、パス数も1/3という、カウンターにすべてをかけた戦い方。シュートまでいく確率が高いのはとてもいいと思う。しかし、あんなに守備の意識が高いのに、何で簡単に失点するんだろう(^^;

6/21の雑談

愚っ痴言うぞう

何でもかんでも外注に丸投げしてるツケが出てますね!
m9(^Д^)プギャー

ってしたいんだけど、結局尻拭いするのこっちなんだよねー('A`)



梅雨?

雨が降りませんね(´・ω・`)ミズマキシナキャ
暑さと不快さはらしくなってきた。



コパアメリカ

日本 2-2 ウルグアイ

全世界から批判される主審&VAR審判だったのにもかかわらず、本気のウルグアイから勝ち点奪取。
これは誇っていい。
エクアドルには勝てるだろうか。高地じゃないからワンチャン?



(昨日の)お届き物

「千歳くんはラムネ瓶のなか」裕夢(ガガガ文庫
「リベンジャーズ・ハイ」呂暇郁夫(ガガガ文庫