いつも月夜に本と酒

ライトノベルの感想を中心に興味のあることを日々つらつらと書き連ねるブログです。



「小説 天気の子」新海誠(角川文庫)

高校1年の夏、帆高は離島から家出し、東京にやってきた。連日降り続ける雨の中、雑踏ひしめく都会の片隅で、帆高は不思議な能力を持つ少女・陽菜に出会う。「ねぇ、今から晴れるよ」。それは祈るだけで、空を晴れに出来る力だった――。天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻弄される少年と少女が自らの生き方を「選択」する物語。
長編アニメーション映画『天気の子』の、新海誠監督自身が執筆した原作小説。


ああ新海作品だなあ、と。
ボーイミーツガール。自分が生きる範囲の世界に対する閉塞感。大人になる過程の通過儀礼。そして映像美(おそらく劇場では雲と雨(水)の描写が映える映像美が繰り広げられているのだと、容易に想像できる描写多数)。そこに異常気象が続く地球環境への警鐘も加わって、メッセージ性の高い作品になっていた。
どちらかと言えばという話だが、
君の名は。」はボーイミーツガールを魅せる為の演出に力を入れていたのに対して、「天気の子」は自身が伝えたいメッセージに力を入れていた、という印象を受けた。
例えば、男の子の主人公。
男子高校生らしい若さを見せつつも基本は自分で考えて行動する瀧と、高1にしては精神年齢が幼い、よく言えばピュアな少年の本作の主人公・穂高
ボーイミーツガールで映えるナイト役を任すのなら間違いなく瀧くんで、穂高はあまりに情けなく頼りない。でも、思春期に感じる閉塞感や、「現実を知る」「諦め」「達観」などの大人になれば嫌でも受け入れなければならない現実は、島という閉鎖された空間の高校生で純粋な彼だからこそ、伝えたいものが強調されていたように思う。また、感化さらてバカをする大人たちを動かすパワーを持っているのも穂高の方だ。
どちらが「らしい」かと言われれば、間違いなく「天気の子」で、どちらが流行りそうかと言われれば「君の名は。」かな、エンタメ性が高いのは後者だと思うので。自分の好みは……雲のむこう、約束の場所」(おい 主人公の好み差で「君の名は。」。

7/21の雑談

高温多湿

蒸し暑い。
陽が出て暑いならまだいいが(日照不足だし)、曇っていて暑いのはただただ不快ね(´・ω・`)
今年は梅雨明け宣言なしで8月に突入しそう。



参議院選

行ってきた。
体育館が蒸し暑かった。



忘却膨大

f:id:bluets8:20190721175202j:plain:w320


見落としてしまったキュウリがこんなことに\(^o^)/
どうやって食うか。生だと美味しくないだろなー。

れっつぱーりー(今週のアニメ感想)

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかII  第1話「神の宴(パーティー)」

2期はホーム獲得の6巻からスタート。
EDの絵や予告のキャストを見る限り、春姫助けて大団円かな。でもそれだと2巻しか進まないから、8巻の短編を間に挟んでいく感じ?
ヘルメス様、今回ばかりはGJ! ドレス&笑顔のアイズ、眼福眼福。
……ダンスで6巻のハイライト終わりなんだが(^^;



ダンベル何キロ持てる?  第2話「プロテイン摂ってみる?」

無視www 憧れのお兄さんが2回目にしてこの扱いは笑う。
この市民プール怖っ! マッチョのお姉さんしかおらん。
あれ? 次回からボクシングアニメ?(ないない



Dr.STONE 第2話 KING OF THE STONE WORLD

アクションなのは知っていたが、いきなり人外級が出てきて面食らった。
ファンタジーを科学でねじ伏せるのが目的なのに、ファンタジーの住人みたいな人が出てくるのはどうなんだろう。
炭酸カルシウムのくだりは面白かった。



コップクラフト #2 「DRAGNET MIRAGE

反発しあいながら、初めから息が合っているところを見せつけるケイとティラナ。これがアニメーションで視れるのが嬉しい。
不明のパトカーが遺体と共に見つかった報告なのに、セシルの電話の声が嬉しそうに弾んでいたのが気になった。
ところで、どうしてそんなに3が好きなの?w

7/20の雑談

一区切り。だけど……

ようやく6月末予定の仕事が一区切り(一区切りなだけで終わりではない)
大いに押してくれたもんだから、すでに次の仕事に支障が出ているので、一息つく暇もないという('A`)
1から10どころか20くらいまで人任せで、後から口だけ出す最悪の会社だった。しかも見る人間によって、意見・基準が違うので、二転三転して結局元の形に戻すことの多いこと多いこと。ホント馬鹿みたい。指示系統くらい統一しろ! 二度と関わりたくない。



出番まだ

毎年夏になると、日差しを遮るために日よけシートをするんだけど、そういえば今年はまだやってない。
今のところ1日も必要な日がないからねえ(^^;
来週の週間天気予報には一応晴れマークがあるが、出番は来るのか?



お届き物

「小説 天気の子」新海誠(角川文庫)
「黒猫のおうて!」八奈川景晶(富士見ファンタジア文庫

J1 第20節

清水 0-2 FC東京


今朝新聞で、監督の「ゼロに拘る」という記事を見た時点で嫌な予感しかしなかったが、案の定の結果。
守備力はJ1断トツ最下位。点の取り合い以外勝つ見込みがないことを早く自覚してください。
守備は相手の攻撃を防ぐものじゃなく、カウンターの準備と割り切ろうぜ!