いつも月夜に本と酒

ライトノベルの感想を中心に興味のあることを日々つらつらと書き連ねるブログです。



「ソードアート・オンライン23 ユナイタル・リングII」川原礫(電撃文庫)

キリトとアスナ、アリスが謎のVRMMOゲーム《ユナイタル・リング》に強制コンバートされたその頃。シノンもまた同じ世界に招き入れられていた。
「私としたことが、こんな状況に追い込まれるなんて……」
数々のミスの末に、仲間も装備もなく、《サースト(渇き)ポイント》も残りわずかの窮地に追い込まれたシノンは、生存を懸けてボスモンスターとの戦いに挑む。
一方、キリトたちもまた、ホーム防衛とシノン探索の二手に分かれて行動を起こしていた。だが行く手には、過酷な自然現象と強大なモンスター、そしてキリトたちを狙う襲撃者の影が――。


リアルではアルゴの登場、ゲームではシノンとの合流を目指すユナイタル・リング編、パート2。
前回がプレイヤーによる襲撃戦で終わって、これから戦いの日々に身を投じるのだろうと思っていたら、今回も引き続きサバイバルアドベンチャーゲームをやっていた。今回は生産は控えめだった代わりに、探索がメイン。プラスボス攻略という感じ。
戦い一辺倒ではないのは嬉しい誤算。試行錯誤しながら進めるゲームスタイルが好きなので。それをキリトたちが楽しんでいるのがまた良い。スキル上げのジレンマわかるわー。周回できるゲームなら思いきれるけど、一回こっきりだと分かっているこのゲームでは、優柔不断の自分なら悩みぬいた末に失敗しそう。
またキャラクターでは、アスナとアリスがお留守番だった代わりに、ユイの活躍と成長が目立った。
初めてのプレイヤーキャラという立場への喜びと意気込みが溢れ出ていて可愛らしく、過保護なパパにノーを突きつける姿が頼もしい。時々AIだということを忘れてしまう。それに引き換え、一緒にいたのにお留守番組のシリカより影が薄かったリズベットさん……
キリトの愉快な仲間たち(いつものメンバー)が集結し、二度目のプレイヤーの襲撃を退けたところで次回へ。次回は最後に手を付け始めた拠点拡張かな。そのままキリトハーレム国家が建国出来そうじゃない?w
話としてはキリトに何やら悪い噂を流しているらしい『先生』なる人物が気になるところ。前回ラストで顔見世だけして出番がなかった、神邑が怪しい? アルゴのゲーム参戦も楽しみ。

「魔女の花嫁 seasons beside a witch」空伏空人(LINE文庫エッジ)

不治の病に罹った少年・桑折冬至ははずれの森に住む変わり者の魔女・ミーズに出会う。その魔女は対価を払えば、どんな願いでも叶えてくれるが、願いの対価は彼女の気分次第。珈琲を淹れることから、心臓を取られることまで、何を要求されても文句は言えない。冬至の願いを聞いた魔女が伝えた対価は――。
「ふふっ、今日から君は私の弟子だ」
「へ?」  
これは『僕』と『魔女のお姉さん』の季節をめぐる物語。


(・ワ・)<ちょーしょく、でりばり、かしこまりー
(・ワ・)<それ、たのしいです?
(・ワ・)<おかしあるです?
(・ワ・)<それは、つくれんです
(・ワ・)<それなー


というやり取りが、バックヤードで聞こえた気がしなくもない、妖精さんみたいな『彼ら』も出てくる魔女の世界のお話。あとがきによると他にもいろいろパロディがあるらしい。(私にはわかりませんでした)

余命一ヵ月の中一の少年が魔女の森に迷い込み、そこで出会った魔女に助けてもらう代償に弟子になるところから始まる物語。
魔女のお姉さんこと師匠のミーズと、思春期の少年ハルの共同生活が話の軸なのだけど、二人の関係性が案外淡白なのと、会話がワンパターンなので、あまり楽しめなかった。もう少し執着や愛着が感じられれば、最終章は盛り上がったと思うのだが。お互いに相手でなければならない理由が希薄かな、と。
結局、善と悪の定義に拘る、その間に線引きすることを極端に嫌う魔女たちの姿ばかりが印象に残る話だった。これがこの作品で最も言いたかったこと、なんだろうなあ、たぶん。
世界観もストーリーも悪くないとは思うのだけど、今一つピンとこない、波長の合わない作品だった。

「スープ屋しずくの謎解き朝ごはん 子ども食堂と家族のおみそ汁」友井羊(宝島社文庫)

スープ屋「しずく」のシェフ・麻野は、ある日、子ども食堂の運営の協力を頼まれる。子ども食堂で麻野たちが出会ったのは、さまざまな傷を抱えた親子たち。ふさぎこむ少女が抱える秘密とは? 引き離された父子に何があったのか? 少女の家で起こる怪奇現象の真相は? 美味しいスープと鋭い推理で、彼らの問題を解決していく麻野。そして麻野自身も、幼い頃に負った傷と向き合うことに――。


スープ屋しずくの謎解き朝ごはんシリーズ第5弾。
今回は少し毛色の違う話だった。違う点は、一話完結ではなく一冊で一つの話だったこと。子ども食堂児童相談所がずっと関わってくる子供がメインの話だったこと。そして人様の問題に深入りすること。
恵まれない子供や問題を抱えた家庭はこれまでも度々出てきたけれど、麻野、露、理恵の三人がここまで積極的に関わることになるのは恐らく初めて。それだけ、どの子、どの家庭の問題も深刻で遣る瀬無くなったし、身につまされる話もあった。
ただ、なぜこの話をこのシリーズでやったんだろう、という想いは少しある。麻野と母の関係を見直すにしても、丸々一冊やらなくてもと思ってしまう。スープ屋しずくは疲れた大人が、一息付けて少し救われる、そんな場所であってほしいので。今回は、スープは相変わらず美味しそうで身体も心も温まりそうなのに、問題が一つ一つが重く数珠繋ぎで、ホッとする間が無いのがとても残念。
それでも、嬉しいこともあった。
それは理恵が自然に麻野親子に寄り添っていたこと。特に普段大人びた露ちゃんが彼女に対してだけわがままを言うのが可愛くて、こんなにも距離が近くなったのかと感慨もひとしお。
また、今回の一押しスープは断然、麻野家でいただいていたお味噌汁。最高の素材と最高のシェフ、最強の味噌汁にも程がある。しかも、周りが問題あり家族ばかりの中での穏やかな食卓の風景であり、その一家団欒に理恵が入っているという幸せがあり、今回唯一ホッとできる瞬間だった。
一先ずこれで麻野の周りは落ち着いたのかな? とすると次は理恵の番か。そういえば、理恵の家族の話は出てきた記憶がない。何にせよ、理恵さんの幸せを願うばかり。

12/10の雑談

E-1

日本 2-1 中国


E-1ってなに?と調べたら、2年に1度の東アジアの大会なんだと。要するに罰ゲームか。
この大会に望むことは一つ。
怪我をしないで全員無事で帰ってきてください。
今日は勝ったみたいだけど、怪我さえしなければ残り全敗でいい。



お届き物

ソードアート・オンライン23 ユナイタル・リング II」川原礫電撃文庫
狼と香辛料 XXII Spring Log V」支倉凍砂電撃文庫
「吸血鬼に天国はない (2)」周藤蓮(電撃文庫
キンダーガーテン・アーミー」蘇之一行(電撃文庫



「あまんちゅ15」天野こずえマッグガーデン


ぴかりの入院&手術からの新入生本格参戦。
手術の描写が割とホラー。全身麻酔の手術3回経験してるけど、意識飛んだら即術後のベットの上で、夢なんて見た記憶ないなあ。
後半は新入生桜ちゃんが、人たらしなてこの毒牙にかかるまでのお話(違う!
てこがゲームしているのはかなり意外。でもクラフトゲーをコツコツやるのは似合いそう。
ところでてこさん。その帽子暑くて重くないっスか?w