いつも月夜に本と酒

ライトノベルの感想を中心に興味のあることを日々つらつらと書き連ねるブログです。



「むすぶと本。 『さいごの本やさん』の長い長い終わり」野村美月(KADOKAWA)

店主の急死により、閉店フェアをすることになった幸本書店。そこに現れたのは、故人の遺言により幸本書店のすべての本を任されたという都会から来た高校生・榎木むすぶ。彼は本の声が聞こえるという。その力で、店を訪れる人々を思い出の本たちと再会させてゆく。いくつもの懐かしい出会いは、やがて亡くなった店主・幸本笑門の死の真相へも繋がってゆく――。“本の味方!”榎木むすぶが繋ぐ本と人のビブリオミステリー。


舞台は東北のとある町。店主の急死により閉店することになった町で最後の書店。生前の店主から店の本たちを任された本の声が聞こえる少年・むすぶが、書店との思い出を胸に閉店フェアに訪れる客たちと本を繋いでいく物語。
むすぶが一年だった『『外科室』の一途』(ファミ通文庫)の後、むすぶが一年と二年の間の春休みの話。なので時系列的にも、むすぶの為人を知っておくためにも、『『外科室』の一途』の後に読むのがベターだと思われる。

メインの視点が閉店する書店に思い出がある人=大人であるため(一部例外有り)、むすぶが主な視点の『『外科室』の一途』の浮世離れした雰囲気とは違い、地に足の着いた印象を受けた。というか、二作続けて読んだのだけど、古参書店員さんのむすぶに対する素の反応が、ファンタジックな内容だった『『外科室』の一途』から現実に引き戻された感が強い。
本と会話ができると自称し、何かに憑りつかれたように突拍子もない言動をし、時々見えない恋人に話しかけている……傍目から見たら、どう見てもやべー奴だよね、むすぶ君(^^;
ストーリーの方は、閉店フェアは明るいイベントにはなっているけれど、本質が「書店のお葬式」で別れの物語なので、切なくなる話が多い。
特に心に響いたのは第三話と第四話の対比。負目と疑心暗鬼で死ぬ直前までいった作家と、極度の心配症から立ち直った書店員。一つの思い込みで人は幸せにも不幸にもなれる、心や意志の影響の強さを思い知る。そして、その病んだ心を救うのは昔も今も一冊の本であるのが、本好きとして嬉しい。これが『むすぶと本。』シリーズの最も伝えたいことなのだろう。
亡くなった店主やむすぶのように何事も笑ってポジティブにとらえられるのが理想なんだろうけど、性格や状況でそう出来ない人が大半。出来ない人の一人である自分が逆境の時、狭くなった視点を広げてくれる、少し生きやすくしてくれる本に出会えたらどんなに幸せだろうか。そんなことを思いながら読み終えた。

「むすぶと本。 『外科室』の一途」野村美月(ファミ通文庫)

本は読み手を、深く愛している。
本の声が聞こえる少年・榎木むすぶ。とある駅の貸本コーナーで出会った1冊の児童書は“ハナちゃんのところに帰らないと”と切羽詰まった声で訴えていた。恋人の夜長姫(=本)に激しく嫉妬され、学園の王子様・姫倉先輩の依頼を解決しながら、“ハナちゃん”を探し当てるのだけれど……。健気な本たちの想いを、むすぶは叶えることができるのか!? 表題作・泉鏡花の『外科室』ほか、“本の味方!”榎木むすぶがさまざまな人と本の問題を解決する学園ビブリオミステリー登場!


野村美月先生四年ぶりの新作は、本の声が聞こえる少年が出会った本の願いを叶えるべく奔走するビブリオファンタジー(これにビブリオミステリーと銘打つ編集のセンスの無さにはがっかりだよ!)
本の願い事は本の内容に沿ったものになるので、その内容によって切なくて優しい涙を誘う話あり、思いっきりはっちゃける明るい話あり、ドロドロの愛憎劇ありとバラエティに富んでいて、話によって景色が大きく変わるのが特長。全体的には主人公の榎木むすぶが穏やかな性格で本に対して底抜けに優しく、どこか浮世離れした雰囲気を持っているので、ハラハラがやや強めかも。
その分、周りにしっかりした人が多いのだけど、その脇役たちが作者のファンならどこかで見たことのある苗字の人や誰かに似ているあの人が出てきて、ニヤリとできるのが嬉しいところ。
そして忘れちゃいけないのがむすぶの“本”の恋人・夜長姫。
本を持ち込めば浮気を疑い、二言目には呪いの言葉をまき散らすヤンデレヒロイン。これが予想外に可愛い。ヤンデレに可愛らしい容姿と実害の無さが合わさると、こんなに可愛くなるのか。平然と受け止めているむすぶあってこそだけど。というか、むすぶくんの性癖が割と歪んでない? 5話目の愛憎劇といい「愛の形は人それぞれ」が一つのテーマだったのかもしれない。
キャラクターは尖がった人が多く遊びが多かったけれど、大切に読まれた本に生まれた意志が奇跡を呼ぶ美しい物語だった。続きが楽しみ。野村先生のツンデレヒロインはやはり負けヒロインなのか?も気になるところ。

7/1の雑談

大雨

昨日からの雨、まだ降り続いております。風も強くて台風みたい。
今日の昼過ぎからは断続的で、曇り時々大雨といった感じ。振る時はBSが見れなくなるレベルで一気に降る。
倒木通行止めや電車の運休、避難準備などで県内ニュースは大雨で持ち切りなんだけど、全国ニュースでは香港、コロナが先。関東に被害がないとほんとニュースにならねーな(^^;



武漢ウイルス

東京で6日連続50人超。緊急事態宣言が出ていた時と遜色ない感染者数だと思うのですが。
積極的に検査しているからという言い訳は1日2日は通じても、もう無理がある。
緊急事態宣言を出さないなら、少なくとも県外への移動は規制するべき。持ち込まれる周りの県がたまったもんじゃない。
検査受けて2週間の自宅待機を命じられているのに、熊本に帰る馬鹿学生もいるくらいなんだから。こいつ、今捕まっている香港市民よりよほど危険思想の持ち主だと思うんだけど。こういう身勝手な馬鹿を捕まえる法律もお願いしたい。他人を危険にさらしたのだから、明確な罰則を与えるべき。



お届き物

「むすぶと本。 『外科室』の一途」野村美月ファミ通文庫
「むすぶと本。 『さいごの本やさん』の長い長い終わり」野村美月KADOKAWA


野村美月先生久々の完全新作。本の声が聞こえる少年の物語とのこと。
恐らくどちらから読んでも問題ない作りにはなっていると思うのだけど、より楽しむにはどちらから読んだ方がいいのかしら?

6月の読書メーター

読んだ本の数 :15
読んだページ数:4755


すくなめ。



今月のベスト3
サバゲにGO!2 インドア戦と雨の日の屋外戦」アサウラ(LINE文庫エッジ)



「天才王子の赤字国家再生術7 ~そうだ、売国しよう~」鳥羽徹GA文庫



「Unnamed Memory V 祈りへと至る沈黙」古宮九時(電撃の新文芸)

2020夏アニメ

もう今年半分終わったんかい(´・ω・`)

・視聴予定

ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完』


2作品のみ。しかも両方春延期された作品という。
BS-TBSの俺ガイルは土曜26時で変わらずか。しんどい時間帯だ。


後はいつものようにネットで配信されるものを物色するつもり。
でも今期は例のアレの所為で元々少ないから望み薄かな。