いつも月夜に本と酒

ライトノベルの感想を中心に興味のあることを日々つらつらと書き連ねるブログです。



「谷中びんづめカフェ竹善 猫とジャムとあなたの話」竹岡葉月(集英社オレンジ文庫)

谷中に住む女子大生の紬は、故郷の母親が送ってくる大量の野菜に困惑していた。思いあまって捨てようとしたところ、謎の英国人男性にとがめられ、彼の営む“びんづめ専門カフェ”に連行される。そこで紬は、野菜たちが保存食として生まれかわっていくのに感動し!?
コミュ障女子大生紬と英国人セドリック、彼の義理の息子武流が織りなす、おいしい下町人情物語。


やべえ。紬ちゃんが好きすぎる。
主人公の卑屈ひねくれ女子大生・鈴掛紬の口が悪い。これが最大の魅力。
相手が高学歴官僚と知れば唾を吐き、相手の出自がブルジョアだと知ればこれまた唾を吐き、ウェーイ族には日々呪詛を吐き、不登校児への小学生の善意の行動には、自身の小学生時代の黒歴史を引っ張り出して偽善だと断罪する。普通の人なら陰口でしか言えないことを、面と向かって言ってのけるロックな生き方が素敵。これは友達いないのも納得だw
それでいて、自分に自信がないながらも何事も挑戦と前向きな姿勢や、赤の他人に本気で怒れる情に厚いところがあったりするから憎めない。ここまででもいいキャラなのに、それに加えてフランスパンを丸々持っていって弁当にするワイルドさに、お酒のファーストチョイスが焼酎という渋さなんか見せられたら、惚れてしまいますわ。
もう一つの魅力は瓶詰保存食。タイトルにはジャムとあるが出てくるのは瓶詰全般で、甘いものだけでなくしょっぱいものも出てくる。イギリス人マスターの丁寧な説明&嬉しそうに作る料理風景と、それをどれも美味しそうに食べる紬のリアクションの相乗効果で胃袋を刺激してくる。その豚のリエット、一瓶ください(懇願)
とにかく紬のキャラクターが最高だった。この手の人情譚としては割と重めテーマが多い中、彼女のパワーとぶっちゃけトークで笑えて軽く読める話になっていたのもポイント高い。

ルヴァンカップ グループステージ Dグループ 第6節

磐田 0-2 清水


3位で終戦
前節で敗退が決まっていたので、結果はどうでもいいのだが、
直前にどんなに調子が良くて/悪くても、静岡ダービーの後は勝った方が調子が良くなって、負けた方は悪くなる。というジンクスがあるらしい。
……最早ジンクスぐらいしか縋れるものがない\(^o^)/

リーグ戦前節が西部で、カップ戦が六反。篠田監督は正GK西部でいくつもり? さすがにそれはどうかと……。

「クラスメイトが使い魔になりまして」鶴城東(ガガガ文庫)

クラスの美少女を侍らせてみたい。誰もが一度くらいは考えるんじゃなかろうか。でもまあ、正直オススメしない。落ちこぼれ魔術師の俺、芦屋想太には藤原千影という使い魔がいる。彼女は魔術師の名門出身で、ついでに誰もが憧れる学年一の美少女だ。え、羨ましい?? まじか、じゃあ譲ってやるよ。まず、こいつはご主人様に求める理想が高い。負けん気が強く、中々反抗的で、絶望的に貧乳だ。それでもいいならぜひ引き取って……あ、うそ! 許して、藤原さ―――
この物語は主従関係からはじまる、ふたりの恋(?)のヒストリー……らしい。

第13回小学館ライトノベル大賞〈ガガガ賞&審査員特別賞〉受賞作


魔術師学校の落ちこぼれが昇級テスト中の事故に巻き込まれ、なぜかクラス一の才女が使い魔になってしまう学園異能ブコメディ。

新人賞とは思えない完成度の高さ。
異能設定(主に召喚術周り)をラブコメ要素に転換するのは上手いし、東西の派閥争いや学内の人間関係などファンタジー要素以外もしっかりしていて人間ドラマとしても読ませてくる。文章にはクセがなく、読みやすくて普通に面白いんだが。これホントに新人賞?
ただ、2つ気になることが。
一つは主人公の設定が作者にとって都合が良すぎること。
その設定で話が面白くなるなら構わないのだが、自分の過去に関わることだけ覚えていられない呪いというのは流石に……。そもそもヒロインたちの語りで主人公が元々どういう人物かほとんど言っちゃってるようなものなのに、隠す必要があるのだろうか。ヒロインたちが最初から主人公に惚れている理由がはっきりしていないのは、ラブコメとしてデメリットなんだけど。
もう一つはメインヒロインにこれといった特徴がないこと。
ヒロインになりえる女子が5人も出てくるのだが、可愛さは旭ちゃんの圧勝で、親密度なら幼馴染、女性的魅力なら召喚魔人か旭、悲劇のヒロイン度は会長や召喚魔人の方が上。メインヒロインはどこをとっても中の下。人気が出たヒロインに挿げ替えられる設定でもないしなあ。
……あ、苦言の方が多くなってる(^^; 申し訳ない。
普通に面白いですよ(説得力ゼロ)。旭ちゃんがかわいいです(マジで)

「のけもの王子とバケモノ姫」平尾隆之(富士見ファンタジア文庫)

長大な壁で外界を拒絶した人間の国イエール。不治の感染病にかかった第三王子シュウは、壁の外に追放されてしまう。そこは異形の民モール族が生きる荒れ果てた大地……未来に絶望するシュウ。そんな彼に手を差し伸べたのは、モール族でも異端の美しさを持つ王女ミサキで――「ひとつだけあるわ。お前の居場所になるかも知れないところが」
新天地で出会う彼らの文化や生態にシュウは驚き、魅了され、いつしか人間とモール族が共に生きることこそが希望だと気づき!? ふたつの種族の間に横たわる大きな『壁』に、それぞれの異端のふたりが立ち向かう、王道冒険ファンタジー

原因不明の奇病に罹り国外へ追放された人間の王子と、人間に近い容姿の所為で厭われている亜人の国の王女のボーイミーツガール。


これはいい。古き良きライトノベルを読んでいる気分だった。
懐古厨でもいいじゃない、おっさんだもの(開き直り
キャラデザを含め昭和の冒険アニメを思わせるような純ファンタジーな世界で繰り広げられるボーイミーツガールで、初めて国の外に出た王子が次々と新し事に出会う冒険のワクワク感あり、過酷な運命を自分の手で切り開こうとする成長譚あり、悪役が分かりやすく悪役していて勧善懲悪な面もある、読んでいて純粋に楽しい王道のファンタジー。地の文を少し噛み砕けば児童文学でも行けそう。
そこに、濃いめのキャラ設定におふざけのネタで度々笑わせてくる軽さとノリの良さという、ライトノベルらしい味付け。こういうのでいいんだよ。他のとの差別化ばかり意識して、奇をてらい過ぎな作品が多い中で、こうして王道を突き進む作品に出会えたことが嬉しい。
王子の戦いと、国を追い出された人々の革命は始まったばかり。人間の国の闇、主人公が罹った病気の謎、亜人の王は何か知っているらしいこの世界の謎と、明かされていないこともいっぱいあるので、続きがとてもが楽しみ。