いつも月夜に本と酒

ライトノベルの感想を中心に興味のあることを日々つらつらと書き連ねるブログです。



「豚のレバーは加熱しろ(5回目)」逆井卓馬(電撃文庫)

ジェスと二人で旅をして真実を知り、ようやく気付いた、自分自身の気持ち。一緒にいたい。ジェスと一緒に、終わりのない旅をしたい。
そのためにまず、闇躍の術師によって乗っ取られてしまった王朝を奪還しなければならない。ノット率いる解放軍、王子シュラヴィス、三人の美少女、そして異界からやってきた三匹の豚たち一行は、起死回生の切り札を求め孤島へ向かう。
鍵となるのは、孤島が入り口になっているという裏側の空間、深世界。人々の想いによって成り立つその不思議な世界では願望が具現化するようなのだが……
「見てください、豚さん! 私の胸が大きくなっています……!」
どんな願望だ!? やれやれ、どうやら今回も、一筋縄ではいかないようだ。


今度は本当に不思議ワールドへ行きましたな5巻。
中途半端な零体になってしまった豚の身体を取り戻すため、同時に闇躍の術士に囚われたマーキス王を救出するため、初代女王ヴァティスの残した記述を頼りに、ジェスと豚とおまけでもう一人が裏側の空間、深世界に身を投じる。
人の想い、願い、執念が形になる世界・深世界。個人的な脳内イメージはマザー2の異世界だった。みんなのトラウマ、ムーンサイドじゃなくて終盤のマジカントの方。過去の思い出が無秩序に出て来るごった煮感と、色がバグっているあたりがそれっぽい。
そんな、なんでもありの世界なのでもっと遊んでくるかと思ったら、今回はシリアス重視。前回が幸せいっぱいな新婚旅行みたいで思いっきり遊んだから、今回は自重したのかメリハリをつけたのか。まあ前半はそれなりに遊んでいたけど。でも、豚も言うように巨乳ジェスたそは違うんだよなー。
話としては、ジェスと豚ではなく王家の悲しい過去と二人についてきたノットがメインだったかと。
ノット邪魔、と割と終盤まで思っていたが最後のあれを読まされちゃうとね。劇的な出会いと悲惨な別れを経験してしまうと、そう吹っ切れるものではないか。ジェスと豚もああなっていた可能性が高かったと思うと、やりきれない想いが。あとはセレスに頑張ってもらわないと。
この世界を知る物語としては面白かった。ただ、前回が良すぎた反動もあるが、ジェスと豚さんの物語としてはちょっと物足りない感じ。
満点とはいかなくても一先ず目的を達した彼ら。次は残った課題、まずは首輪かな。なんて想像していたら、唐突な現実世界エピローグ。次回は現実世界の方で波乱の予感?

「ソードアート・オンライン26 ユナイタル・リング V」川原礫(電撃文庫)

「キリトさま……アスナさま……アリスさま。……お帰りなさいませ」
セントラル・カセドラル八十階《雲上庭園》。そこでキリトたちを待っていたのは、懐かしい人々との再会だった。
彼女たちを目覚めさせるため、そして《アンダーワールド》に迫る悪意の正体を突き止めるため、キリトは策謀渦巻く惑星アドミナへと飛ぶ。
そのころ、《ユナイタル・リング》世界ではシノンシリカたちにより、フィールドボス攻略戦の幕が切って落とされていた。キリトとアスナ、アリスという主戦力を欠きながらも善戦する一同だが、戦いは熾烈さを増していき――。


【祝】シリカ大活躍!
メインの三人が不在の中で光ったのがシリカ。新たなテイムモンスターとNPCの好感度の高さ、そして本人の一生懸命さと健気さ。シリカのいい所が存分に出ていた。
未だ裏表紙芸人から抜け出せないリズとはずいぶん差が付いてしまったな。それと出番ワンシーン+裏表紙に回ってしまったリーファの今後が心配だ。
と、要所のシーンだけを抜き出せば良いところがあったのだけど、、、
今回、SAO過去34巻(26+8)の中で最も読み難くく、最も楽しくなかった。
アンダーワールド》のキリト達の様子と、《ユナイタル・リング》のシノンシリカ達の冒険が交互に書かれるのだが、片方の話が盛り上がってきたところでもう一つの方へ切り替わってしまうので、物語に入り難いというか、気持ちを乗せ難いというか。盛り上がっては切れ、盛り上がっては切れを繰り返されては高揚感はなくなり、萎える。後半は淡々と事実だけ追う作業になってしまっていた。先が気になるところでCMを入れるTV業界の悪しき風習に似たものを感じた。あれホント嫌い。視る気なくす。
なんで半々に分けないで交互にしてしまったんだろ。同時進行のライブ感を出したかったんだろうか? 大失敗だったと言わざるを得ない。
アンダーワールド》の方が一段落ついたところで続いたので、次は《ユナイタル・リング》メインになるか? とにかく《ユナイタル・リング》か《アンダーワールド》か、どちらかに専念してほしいところだ。

「隣のクーデレラを甘やかしたら、ウチの合鍵を渡すことになった3」雪仁(電撃文庫)

「じゃあユイはその旅行、行くの?」
「それは……その、まだ話せてなくて」
一人暮らしの高校生、片桐夏臣とイギリスから留学してきた隣室の少女、ユイは夏の花火大会デートを経て相手への恋心を自覚していた。だが、二人が大切な想いをどう扱うのか考える間もなく、訪れた福引で温泉旅行のペアチケットに当選してしまう。「行きたい」という気持ちはあるが、どう話して良いかわからない夏臣とユイ。それぞれの友人にも相談するのだが、気持ちはもう固まっていて――
「「……あのさ」」
居心地のよい関係を続けるのか、その先へ踏み出すのか。甘い日々を過ごしていた関係が、変化しようとしていた。


花火大会デートで自分の気持ちに気づいた二人が福引で当てた一泊温泉旅行に行くことに。やっとついにようやくタイトル回収するお隣さんピュアラブストーリー第3弾。
高校生カップルが伊豆って渋いな。派手なことを好まない二人らしい行き先ではあるが。高校生が選んでいく場所ではないし、二人の落ち着いた雰囲気なら若夫婦に間違われても仕方がない、、、かもしれない。
そんな嬉し恥ずかししっとりな温泉旅行に行くまでに進んだ恋の行方は、
両片思い状態を引っ張ることもなく、無理矢理急接近させるようなハプニングもなく、二人が自分たちのペースで恋を成就させていった。山も谷もない代わりに、それぞれの心の内の描写が丁寧に綴られていく。そこに二人の誠実さと相手を想う気持ちが乗っていて、とても良かった。あまりにも駆け引きなく直球勝負なので、読んでるこっちが赤面しそう。
素直で真面目で自分の気持ちよりも相手の気持ちを優先させる優しい二人が、ゆっくりじっくり恋心を育んでいく物語。最近ではなかなかお目に掛かれないピュアさと丁寧な作りのラブストーリーでとても良かった。
終わりかと思ったら、コミカライズが始まり続刊の可能性があるようで。
吹っ切れた二人のイチャラブが読めたら嬉しい。学校での周りの反応や、今回は渡してすぐ終わってしまったのでユイの合鍵使用頻度も気になるところ。

10/10の雑談

雨のち晴れ

雨予報なんてなかったのに、朝起きたらしっかり雨が降っていてびっくり。
それでいて午後はしっかり晴れるから、予定の農作業が出来なかった父と洗濯物が内に干したり外に干したりの母は文句たらたら。
十月十日が晴れの特異日だったのは昔の話になってしまったねえ。



季節外れの

f:id:bluets8:20211010172700j:plain:w480

朝顔
10月なのに暑いんじゃー(#^ω^)
今日は雨だったので写真は数日前に撮ったもの。ちなみに今日も咲いていた。



家庭菜園

外:枯れた紫蘇と雑草除去
f:id:bluets8:20211010172946j:plain:w480
頑張ったのにサツマイモで一面緑なのでスッキリした気がしない。。。


f:id:bluets8:20211010173033j:plain:w480

黄色パプリカ初収穫。赤より黄色の方が弱いのは色の所為かこの株が弱いのか。
そして、最近の暑さでシシトウが完全復活した件。



ベランダ:ネギ収穫
f:id:bluets8:20211010173008j:plain:w480

伸びないので収穫してしまった。あまりに細いのは放置で。
一応下の方は残して切ったが、これまでの伸びの悪さから再収穫は微妙か?



今日のスポーツ

出雲駅伝
東京国際大初V
駒沢も青学も負けるとは。
東海は今年はシード権が取れるかどうかの争いになりそうね(^^;


京都大賞典
マカヒキ5年ぶりV
……マカヒキ!?
Twitter見ると感動してる人が多いけど、その前にダービー馬がこんな雑な扱いされていることになんだかなーと思ってしまう。

秋アニメ開始その2(今週のアニメ感想2)

でーじミーツガール 第1話「これって沖縄じゃ普通?」

二分アニメ。
作画の素朴さに沖縄成分とSF(少し不思議)成分がマッチしていていい感じ。
これがあれば『白い砂のアクアトープ』は要らない子だな(ぼそ


異世界食堂2 第01話 「チーズケーキ」 「モーニング再び」

2期はチーズスキーのヒルデから。OPと冒頭に女傭兵仲間も出てきたからもう一回出番ありそう。
でも今回はアレッタ回。表情が豊かで健気で現金な彼女の可愛らしさが良く出ていた。相変わらず食事前の言葉が毎度違うのが笑う。
作画が美麗。このクオリティが続けば万々歳なんだけどねー。