いつも月夜に本と酒

ライトノベルの感想を中心に興味のあることを日々つらつらと書き連ねるブログです。



2019-01-17から1日間の記事一覧

「賭博師は祈らない (5)」周藤蓮(電撃文庫)

ロンドンの裏社会を牛耳るジョナサンと対立し、一度はすべてを失ったラザルス。だが賭博師としての矜持を奪われ、地の底を這いつくばったその先で、彼は自らが進むべき新たな境地へと辿り着く。 再起したラザルスはフランセスにも勝利し、ジョナサンとの全面…