いつも月夜に本と酒

ライトノベルの感想を中心に興味のあることを日々つらつらと書き連ねるブログです。



ライトノベル

「好感度が見えるようになったんだが、ヒロインがカンストしている件」小牧亮介 (角川スニーカー文庫)

ピンクの蚊に刺され、“他人の自分に対する好感度”が見えるようになった高校生・桐崎冬馬。知り合いは30、友達は70が普通なのに、美少女四天王・九条桃華の数値は100と最初からカンスト。「友達になってほしい」という桃華とメッセージのやりとりや放課後デー…

「魔弾の王と凍漣の雪姫2」川口士(ダッシュエックス文庫)

ブリューヌ、ジスタート連合軍によるムオジネル侵攻は、失敗に終わった。アルサスに帰還したティグルだが、国王からの密命を受けてジスタートへ向かう。 愛するミラとの再会を無事に果たし、オルミュッツを訪れたティグルを、新たな出会いが待ち受けていた。…

2月の読書メーター

読んだ本の数:18 読んだページ数:5704 今月のベスト3 「子守り男子の日向くんは帰宅が早い。」双葉三葉(角川スニーカー文庫) 「りゅうおうのおしごと!10」白鳥士郎(GA文庫) 「君死にたもう流星群3」松山剛(MF文庫J)

「君死にたもう流星群3」松山剛(MF文庫J)

人工衛星テロ『大流星群』で命を落とした天野河星乃。平野大地は彼女を救うため、高校時代にタイムリープを果たす。そこで彼はクラスメートの少女・宇野宙海がアイドルを夢見ていることを偶然に知ってしまう。涼介や伊万里の姿から、夢を追う人生の素晴らし…

「ファイフステル・サーガ3」師走トオル(富士見ファンタジア文庫)

かつて魔王戦役にて魔王軍に与した灰エルフの子孫たちが、《魔王の左腕》を奪還すべく五芒国へと再び侵略を開始する。灰エルフたちの鍛え抜かれた弓の腕と馬術によって、フライスラントの地に多くの血が流れ、兵たちが敗北を重ねる戦況にカレルが、ヴェッセ…

「ゲーマーズ!DLC2」葵せきな(富士見ファンタジア文庫)

《雨野景太断ち》を決めた女子大生ゲーム実況者の霧夜歩。新たな相方を探していた彼女の前に現れたのは、雨野を彷彿とさせるワカメ系女子で――「そろそろ緊張はほぐれてきたかな、シアナ?」「は、ははは、は、はは、は、…はいです!」 さらに、なぜかギャル…

「りゅうおうのおしごと!10」白鳥士郎(GA文庫)

竜王、遂に小学校の教壇に立つ! 「澪たち、くじゅるー先生に鍛えてもらいたいんです!」 小学生の将棋大会『なにわ王将戦』で優勝を目指すJS研。 しかしあいの新しい担任にJSとの同居を問題視された八一は、自らの潔白を証明するため小学校で将棋の授業…

「魔法科高校の劣等生 司波達也暗殺計画 (2)」佐島勤(電撃文庫)

西暦二〇九六年五月、榛有希が司波達也に敗北をしてから約二年の月日が流れた頃。彼女は黒羽文弥直轄の暗殺者として日々依頼される仕事をこなしていた。 そんな中、有希の許に四葉家より“暗殺者見習いの少女”桜崎奈穂が派遣されてくる。自らのコンプレックス…

「はたらく魔王さまのメシ!」和ヶ原聡司(電撃文庫)

今回は、魔王と勇者と二人を取り巻く者達の「メシ」に注目するグルメ編! 未知の食材「コメ」を食べるのに四苦八苦する芦屋。ポテトをきっかけにパソコンを手に入れたことを思い出す漆原。愛するうどんを食べることを全力で拒否する鈴乃。忘れていた趣味を思…

「リベリオ・マキナ ―《白檀式》水無月の再起動―」ミサキナギ(電撃文庫)

対吸血鬼戦闘用絡繰騎士《白檀式》――ヘルヴァイツ公国が誇る天才技師・白檀博士の“五姉弟”は欧州を吸血鬼軍の侵略から救う英雄となる……はずだった。 十年ぶりに目覚めた“失敗作”、第陸号・水無月は想定外の戦後を前に愕然とする。起こるはずのない暴走事故に…

「鏡のむこうの最果て図書館 光の勇者と偽りの魔王」冬月いろり(電撃文庫)

空間が意思と魔力を持ち、様々な魔物が息づく世界・パライナの北端に、誰も訪れない《最果て図書館》はあった。 記憶のない館長ウォレスは、鏡越しに《はじまりの町》の少女ルチアと出会い「勇者様の魔王討伐を手伝いたい」という彼女に知恵を貸すことに。 …

「つるぎのかなた」渋谷瑞也(電撃文庫)

「好きじゃないんだ、剣道。……俺を斬れる奴、もういないから」 かつて“最強”と呼ばれながら、その座を降りた少年がいた――。 “御剣”の神童・悠。もう二度と剣は握らないと決めた彼はしかし、再び剣の道に舞い戻る。 悠を変えたのは、初めて肩を並べる仲間たち…

2/10の雑談

今日もやっぱり寒くない。 暖房はコタツだけなのに、今年は深夜にキーボード打ってても、ゲームしてても手がかじかんだ事がない。ちょっと異常だ。 読書の日 電撃の新人賞三冊読了。 大賞無しとは聞いていたが、今年度は本当に不作だったんだなと。 大変偉そ…

2/9の雑談

寒気や雪とは何だったのか。 昨日よりは寒いが、例年のこの時期よりは明らかに暖かい。 お届き物 「つるぎのかなた」渋谷瑞也(電撃文庫) 「リベリオ・マキナ ―《白檀式》水無月の再起動―」ミサキナギ(電撃文庫) 「鏡のむこうの最果て図書館 光の勇者と偽…

「継母の連れ子が元カノだった 昔の恋が終わってくれない」紙城境介(角川スニーカー文庫)

ある中学校である男女が恋人となり、イチャイチャして、些細なことですれ違い、ときめくことより苛立つことのほうが多くなって……卒業を機に別れた。 そして高校入学を目前に二人は――伊理戸水斗と綾井結女は、思いがけない形で再会する。 「僕が兄に決まって…

「やがてはるか空をつなぐ」山之臨(ファミ通文庫)

部室ではバルーン実験の準備が進んでいた。メンバーはロケットオタクの青桐七海、プログラマー山花俊、天真爛漫な後輩、町田佐奈の三人だ。実験の当日、彼らは近くの高校に通う赤森遙と出会う。活動に興味があるという遙は物理部へ入部を希望するのだった。…

「子守り男子の日向くんは帰宅が早い。」双葉三葉(角川スニーカー文庫)

部活はなし、勉強も授業中に全力集中、学校での出来事はどこか他人事――高校生・新垣日向の放課後は両親の手助けと最愛の妹・蕾の育児のためにある。……学年のヒロイン・芹沢悠里が彼の子守り事情を知るまでは。 兄妹仲の良さと学校とは違う活き活きとした日向…

2/1の雑談

あーあ、やっちまった(´・ω・`) 折角買った玉子をレジ後エコバッグに入れる時に、入れ忘れて置いてきてしまった。 158円の痛手よりも、思いの外精神的ショックがデカい。 お届き物 「やがてはるか空をつなぐ」山之臨(ファミ通文庫) 「子守り男子の日向くん…

1月の読書メーター

読んだ本の数:17 読んだページ数:5318 今月のベスト3 「賭博師は祈らない (5)」周藤蓮(電撃文庫) 「七つの魔剣が支配する II」宇野朴人(電撃文庫) 「天才王子の赤字国家再生術3 ~そうだ、売国しよう~」鳥羽徹(GA文庫)

1/31の雑談

一先ず出すもの出したので、散髪とか買い物とか。 とても長かった一月 何故か、毎年我が家は一月が鬼門である。 今年もまー碌なことがなかった。人間的にも機械的にも。 事務所のエアコンは逝ったまま、車は代車のまま2月へ。 お買い物 「継母の連れ子が元カ…

「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ12」鈴木大輔(MF文庫J)

リリアナ祭初日の生徒会メンバーたちによる企画や、『新藤光一郎』サイン会の惨憺たる有様については、この際おいておくとして! 実行委員会によるクーデターを阻止する為に、『ジュエル・オブ・リリアナ』獲得を目指す僕は、ある策略を展開する。それは、銀…

「ダーウィン先生、ケモノ娘たちが学園でお待ちです!」野々上大三郎(ダッシュエックス文庫)

動物の耳やマズルや尻尾など、ケモノの身体的特徴を持つ少女たち。通称〈ケモノ落ち〉は、片田舎の学園で集団生活をしていた。 主人公のダーウィンは動物に並々ならぬ執着を示すマジメな動物学者。新しくその学園に赴任した彼の研究熱心さは、たびたび行き過…

1/26の雑談

昼飯 母に乞われて、蓮華寺池近くに出来たカレー屋へ行ってまいりました。 ほうれん草ベースのチキンカレー上から2番目の辛口にしてみたが、激辛でも何ら問題はなかった模様。 でも美味しかった。ナンも美味しかった。 但し、サフランライスは柔らかくて微妙…

「猫まみれの日々 猫小説アンソロジー」前田珠子他(集英社オレンジ文庫)

猫専用の洋裁店を訪れる客たちとそれぞれが選ぶ生き方、NOと言えない女性が出会った『見えるひとにしか見えない』猫、なぜかイケメン同期の飼い猫の世話係に選ばれたOL、愛猫家の店長が営む喫茶店の常連客になったお嬢様、元捨て猫にまつわる「ありがとう」…

「ロクでなし魔術講師と追想日誌4」羊太郎(富士見ファンタジア文庫)

ホームレス学院生・リイエルの波乱万丈な日常とは!?――『とある少女の素行調査』。グレンに金髪美少女な隠し子発覚!?――『嵐の幼天使』。医務室の女神、学院きっての法医術のエキスパートが登場!――『病弱女神セシリアさん』。今日もまた、ロクでなしが洞窟探索…

「撃ち抜かれた戦場は、そこで消えていろ ―弾丸魔法とゴースト・プログラム―」上川景(富士見ファンタジア文庫)

機甲車が這い、弾丸魔法が降る、東国と西国の百年に及ぶ戦争。追い詰められた東の少年兵レイン・ランツは、見慣れぬ弾丸を放ち、敵将校を殺害する。――刹那、世界が一変した。戦場は通い慣れた士官学校へ切り替わり、死んだはずの級友の姿も。戸惑うレインに…

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア11」大森藤ノ(GA文庫)

「斬れなかった……モンスターを」 ベルとの戦いを経て、失意に沈むアイズは思い悩んでいた。己の戦う意味、破られた誓い、怪物の涙。全てを自覚した上で少女はもう一度少年に会いに行く。 「作戦開始は――十日後だ」 そして時計の針は進む。 迫りくる人造迷宮…

「天才王子の赤字国家再生術3 ~そうだ、売国しよう~」鳥羽徹(GA文庫)

帝国皇女との結婚話から始まった騒動を切り抜け、国内の地盤固めを進める王太子ウェイン。そんな彼の下に隣国カバリヌより使者が到着する。大陸西側の一大宗教・レベティア教の主催する『聖霊祭』にウェインを招待したいというのだ。 「行きたくねえええええ…

「賭博師は祈らない (5)」周藤蓮(電撃文庫)

ロンドンの裏社会を牛耳るジョナサンと対立し、一度はすべてを失ったラザルス。だが賭博師としての矜持を奪われ、地の底を這いつくばったその先で、彼は自らが進むべき新たな境地へと辿り着く。 再起したラザルスはフランセスにも勝利し、ジョナサンとの全面…

「七つの魔剣が支配する II」宇野朴人(電撃文庫)

学園内の事件を解決し、一目置かれる存在となったナナオとオリバー。しかしそれは、魔法使いとしての研鑽に励む同級生たちの、矜持と野心に火を点けた。誰が一年生でいちばん強いのか? その問いに結論を出すために、お互いのメダルを奪い合う、バトルロイヤ…