いつも月夜に本と酒

ライトノベルの感想を中心に興味のあることを日々つらつらと書き連ねるブログです。



「86―エイティシックス― Ep.6 ―明けねばこそ夜は永く―」安里アサト(電撃文庫)

誇り高く戦い、そして死ぬ。
それが我らのさだめ。生への執着など、とうの昔に、はるか彼方に置いてきた。
……そう思っていた。そう信じていた。
だが戦場へ臨み、潰され、壊され、朽ちることを良しとする〈シリン〉達の姿は、「エイティシックス」である彼らの目指す生き方が、只の狂気であると蔑む。
生きる意味とは何か。苦悩するシン。シンを理解しようと心を砕くレーナ。
だがその想いは不格好にすれ違ったまま――連合王国の命運をかけた「竜牙大山攻略作戦」の火蓋が、無情にも切って落とされる……!
連合王国編』完結のEp.6!
戦わねば、生き残れない。だが戦えば生きられるわけでは、ない。

連合王国編後編。


連合王国の使い捨ての人型兵器〈シリン〉を目の当たりにして、自分たちの存在意義と「生きるということ」に悩むシンたちエイティシックスの苦悩を描いたシリーズ第6弾。
表紙の二人がいい顔をしているので、そこまで酷いことにはならないだろうと楽観視していたら、この顔が出来るようになるまでこんなにも危ない橋を渡り続けることになろうとは。戦場ではもちろんだけど、それ以上平時で精神的に、それと二人の仲的な意味で。
だってこの人たち、戦場の地雷は気を付けても、言葉の地雷は無頓着に踏みに行くんだもの。必要以上に相手に気を使って、自分の小さな欲求を相手に伝えるだけで自分勝手と思ってしまうくらいに臆病なのに、どうしてそこだけ不器用なのか。
おかげで、敵陣の真っ只中に特攻していく無茶な作戦を決行していることよりも、シンがベタな死亡フラグを立てていることよりも、シンとレーナのすれ違いの方がよほど肝が冷えるという。だからこそ、表紙(と対になる見開き挿絵)に行きついた時の感慨は一入で、幸福度やニヤニヤ度が高いのだけど。
と、メイン二人のことばかりになってしまったが、売りである戦闘の苛烈さは相変わらず。
ただ、高機動型が再戦なのと、救出の伏線がいくつも張られていたので、緊張感は前巻の方が上。その代わり、珍しくポカをやらかすシンに人間味が感じられたところや、人のことは言えない無茶をやらかすレーナの一面が見られたのがよかった。って、結局二人のことになってる。何せ初々しくて可愛いからね。
次回は連邦に戻ってきての作戦かな? 作者曰く次はライトなんですってよ。へー(棒) それよか何やらあっさり捕まった〈無慈悲な女王〉の真意や、“もう一国”の現状が気になるが。

「おねだりエルフ弟子と凄腕鍛冶屋の日常」松山剛(電撃文庫)

「お師さま、そろそろお疲れではありませんか? 私が癒して差し上げますよ~?」『全ての金属の街』アル・メタリア。近郊の森や洞窟には多くの素材を出す金属外殻獣が棲み、それらを狩って一攫千金を目指す冒険者がたむろする。
その街で『最高職人』として名声を高めていた男・フィーゴのもとに転がり込んできたのは、金属……ともすれば人の文明とすら縁遠い、エルフ族の少女だった。
妙にフィーゴに対して「ぐいぐいくる」その少女の名はルミア。果たして彼女は、何のためにこの街へ――?
「そんなことよりおしさま、ルミアと楽しいことしましょ?」
弟子のおねだりを華麗に受け流しつつ、今日も最高職人フィーゴの仕事が始まる!


モンスターたちの外殻がどれも金属で、金属の種類が豊富な世界で、マスタークラスの鍛冶師であるフィーゴと、その弟子のルミアが営む鍛冶屋を舞台にしたファンタジー。鍛冶屋の仕事をするというよりは、持ち込まれた面倒事を1話1件で解決する日常ミステリ風作品によくあるタイプ。

楽しめる部分とそうでない部分の差が激しくて悩ましい。
基本的には困った人を放っておけない主人公による人助けの話なので、その人柄や優しさが出ていたり、人の機微に触れる真面目な空気の時はとても面白い。
ただ、コメディパートが微妙だ。
頑固で欲の少ない職人気質な主人公と、押しかけ女房で暴走タイプのヒロインの相性が良くないように思う。ヒロインの攻勢に、慌てるにしてもあしらうにしても、もう少し実のある反応を示してくれないと、ヒロインが独り相撲をしているようで、コメディなのに物悲しい気持ちになる。
うーん、、、
シリアスな時、特に泣かせに来る時の松山作品は大好物なのだけど、コメディのセンスはどうにも合わないな。



1987年、ファミコン時代で武器耐久度のあるRPGというと『ヘラクレスの栄光』ですね、たぶん。

「マッド・バレット・アンダーグラウンド」野宮有(電撃文庫)

「ねえ、ラルフ。ところで今日の仕事、殺しの許可は?」
「政府公認。愛と正義の為に、どうぞ連中を皆殺しにしてください、だとさ」
おっと、勘違いするなよ? 俺とリザは、殺人もクスリも黙認してくれる寛容な犯罪街イレッダでご依頼主様のために、クズどもをぶっ殺す善良な賞金稼ぎだ。
まぁ、ご依頼主様が良い奴か悪い奴かは関係ないがな。何より大切なのは金だ。
そんな俺たちに与えられたのは、少女を捕らえろというちっぽけな仕事。だがそれも、悪魔の異能力者《銀使い》の襲撃で、狂気に満ちた《愉快な誘拐劇》に変わってしまったわけだが――。
第25回電撃小説大賞で物議を醸した最大の問題作、《選考委員奨励賞》受賞。


秩序無し治安劣悪な街の裏社会で、悪魔の力を使って戦う《銀使い》が殺し合うバトルアクション。
これは良い中二感。
異能の力が幅を利かす無法地帯で、相手は強大なマフィアという燃えるシチュエーション。それに加えて、酒も煙草もO.K.な高めの年齢設定。登場人物たちの過去は目を背けたくなるほどベーリーハード。Fワードも度々入ってくる口汚い会話と、ラノベとしてはかなり思い切ってハードボイルドに振り切った作品だった。
しかし、この手の作品にありがちなのだけど、出てくる単語が独特な上に説明過多なので読みにくい。特にアクションシーンがメインの作品なのに、その説明過多でスピード感が削がれてしまっているのが痛い。
あと自分の生き方に悩む主人公の葛藤を描くストーリーは、大筋ではよかった思うのだけど、心理描写は直接的で上手いとは言えず、しかも主人公が過去を語りだしたあたりからコレジャナイ感が。とりあえずヒーローの不幸自慢は単純にカッコ悪いぞ。
と、段々とダメ出しばかりになってしまっているのは、これといって琴線に触れるところがなかったから。新人賞作品ではどこか光るものを見つけたい自分としては、合わない作品だった。
ダークな雰囲気は好きだったんだけどな。

お届き物

「新宿もののけ図書館利用案内」峰守ひろかず(メゾン文庫)
「マッド・バレット・アンダーグラウンド」野宮有(電撃文庫
「おねだりエルフ弟子と凄腕鍛冶屋の日常 」松山剛(電撃文庫
魔法科高校の劣等生 (28) 追跡編 〈上〉」佐島勤電撃文庫
「86―エイティシックス― Ep.6 ―明けねばこそ夜は永く―」安里アサト電撃文庫



あまんちゅ! 14 (BLADE COMICS)


双子先輩ズ卒業から新入生入学まで。
弟君先輩モテモテだぁ。一切恋愛に繋がりそうにないけどw
ぴかり、全治三か月の重傷。それ、ギャグで流されるシーンじゃないのか(^^;
新入生は随分と眼力の強いお二人で。カニ子ことカメラマン桜の方がキャラが濃いけど、お付きの紅葉の方が自身のアイデンティティに悩んだりしてクローズアップされそう。

「魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?8」手島史詞(HJ文庫)

聖なる夜がやってくる!
旧友マルクの行方を追うザガンだが、街では〈アーシエル・イメーラ〉という祭に向けて浮かれた空気が漂っていた。どうやらそのお祭りは、大切な人にプレゼントを送るイベントとのこと。
祭りに出遅れて右往左往するザガンとバルバロス、脳天気にも遊びにくるステラとアルシエラ。そしてなぜか黒猫の姿になってしまった黒花。彼女は何者かに追われており、どうやらこの事件もまた〈魔王〉が関わっている様子で――。
大人気ラブコメファンタジー絶好調の第8巻!


シリアスとコメディが入り混じる群像劇が繰り広げられるシリーズ第8弾。
旧友マルクを探すザガンと、街で不死者に追われる2+2名がシリアス組。〈アーシエル・イメーラ〉というこの世界のクリスマスのサプライズパーティを成功させたいフォルやゴメリ、プレゼントを調達したいネフィなどがコメディ組。その明暗ばらばらな思惑が交差していく。
こうしてみると仲間が随分増えたな、と実感する。ステラとアルシエラまで前回から引き続きの登場で仲間のような扱いだし、登場が敵で今も教会側の黒花が今回のメインのような扱いだし。ザガンの人柄が表れていて良いことではあるのだが、キャラクターが増えすぎて、忘れ去られるキャラも出てくるんじゃないかと一抹の不安が。ああ、だからこそ一人一人の考えが分かる群像劇だったのかな。
今回の群像劇は、みんなが別行動でバラバラだったからこそ感じるザガンファミリーの結束の強さと、人が良く気も良い「いい奴」ばかりの清々しさが、とても良い話だった。ただ、ザガンとネフィまで別行動だったのでイチャイチャが少なかったのはちょっと残念。
次はもっとイチャイチャしてほしいところだが、きな臭い伏線色々で、そろそろシリアス展開になりそうな予感が。あのおチビ魔王がまたちょっかいかけてくるのか、しつこいなあ(^^;