いつも月夜に本と酒

ライトノベルの感想を中心に興味のあることを日々つらつらと書き連ねるブログです。



「魔法科高校の劣等生 (29) 追跡編 〈下〉」佐島 勤(電撃文庫)

二〇九七年七月。達也は富士樹海に潜伏する光宣を追い、張り巡らされた結界『蹟兵八陣』を破る方法を思案していた。
一方、USNA軍非合法魔法師暗殺者小隊『イリーガルMAP』が達也の暗殺に動き出す。その魔の手は彼の友人たちにも向けられることに――。
さらに達也の前に立ち塞がる刺客・藤林長正。希代の忍術使いであり亡霊を操る強敵を前にして、ついに精神体をも消滅させる達也の新魔法『アストラル・ディスパージョン』が放たれる!!
水波救出のため、猛進する達也。しかし彼の前に次は『あの男』が『最悪の敵』となって立ちはだかる――!?


まるで進まない状況、強すぎる達也を苦戦させるのに四苦八苦しているように見える展開。上巻と変わらずというのが率直な感想。
それでも今回はVS師匠という見せ場があったのだけど(帯やあらすじは『あの男』と濁しているけど、口絵で早々にネタバレしてるから別にいいよね)……うーん、地味。
まあ、隠遁を得意とする忍者と、それに情報次元で対抗する達也では派手になる要素がないよね。でも、それ以上にそこに至る経緯が強引だから盛り上がらないんだと思う。師匠が出張る必然性が全然ないもの。達也的には、お祓いの技術を習得したのが今回のハイライトだったような。
そんな、今回も燻っていた達也に代わって、一高生の仲間達が活躍は盛り上がった。
美月のナイト吉田の奮闘と苦戦は達也のそれと違って手に汗握るし、洗脳を跳ねのけるほのかの想いの強さに胸が熱くなる。
前後編あっても進まない追跡編の展開といい、あとがきの一文といい、先が不安になる内容だったが、しがらみの多い日本を出ればきっと大暴れしてくれるはず。きっと。

「ヒトの時代は終わったけれど、それでもお腹は減りますか? (2)」新八角(電撃文庫)

夏も盛りの終末都市、東京。ある晩、空を覆った巨大なオーロラが電磁災害を引き起こし、街は暴動、紛争、大混乱。そんな時でも食のオアシス《伽藍堂》は明るく元気に営業中!……と思いきや、自家農園で謎のゲル状生物が大量発生! リコが駆除に奮闘する一方で、ウカはなぜだかほろ酔い気分。二百年前の過去が蘇り、事態は思わぬ方向へ……?
オーロラから始まるドタバタ騒ぎも、仲良し二人にかかれば、ご馳走に大変身。食材はスライムに脱法ミルクに潜水艦!隠し味は、大切なあの日の思い出とひとつまみの幻覚剤!?
遙か彼方の記憶たちと巡り逢う、夏の爽やかな逸品を、どうぞ召し上がれ。


荒廃した24世紀の東京で、食堂を営む女の子二人の終末SF、第2弾。
今回はウカとリコの絆の物語。
昔の二人と似た境遇のヤシギとカンナや、ウカと同じシリーズの《語り手》の手助けをしながら、そこから想起するようにウカとリコの過去が語られるストーリーラインが綺麗。過去語りに入るきっかけが、ヤバい食べ物による幻覚だったりする辺りはこのシリーズらしいが、何でもありのドタバタコメディ感は薄れて、ちょっと切ない系のお話だった。
でもその分、過去の自分たちやヤシギたちとの対比で、仲の良さや信頼の厚さが強調されているので、ニヤニヤ度は高め。クジラに飲まれてもドンと構えているのに、ウカの少々の不在や不調でアタフタするリコちゃんかわいい。ウカちゃんの方は、王だったり嫁取りだったり、この世界に慣れているリコよりもウカの方が主導権を握っている理由が、何となく感じ取れるエピソードが良かった。
そんなわけで、1巻よりも大人しい話だったのだけど、食べ物に関しては相変わらずのハチャメチャっぷり。
スライム飲み干し、巨大シラミを食らい、蟻は調味料で催涙ガスは香辛料。そんななのに、どれも美味しそうに感じる不思議。ゲテモノ趣味はないんだけどなあ。但し、クジラミルクモッツァレラチーズバーガーはガチ。文章と挿絵の両方で襲ってくる、深夜には凶器になる代物。
今回のジャングルのように行動範囲を少し広げるだけで、まだまだ話は広がりそうなんだけど、続きはあるのだろうか。思い出語りが多かったのと、綺麗に終わっているので、ちょっと心配。

「幼なじみが絶対に負けないラブコメ」二丸修一(電撃文庫)

幼なじみの志田黒羽は俺のことが好きらしい。家は隣で見た目はロリ可愛。陽キャでクラスの人気者、かつ中身は世話焼きお姉系と文句なしの最強である。
……でも俺には、初恋の美少女で学園のアイドル、芥見賞受賞の現役女子高生作家、可知白草がいる! 普通に考えたら俺には無理めな白草だけど、下校途中、俺にだけ笑顔で会話してくれるんだぜ! これもう完全に脈アリでしょ!
ところが白草に彼氏ができたと聞き、俺の人生は急転直下。死にたい。というかなんで俺じゃないんだ!? 俺の初恋だったのに……。失意に沈む俺に黒羽が囁く――そんなに辛いなら、復讐しよう? 最高の復讐をしてあげようよ――と。


初恋の子がイケメンと付き合い始めたことに絶望し復讐を企てる主人公・末晴。彼を焚きつけるすでに振られ済みの幼馴染み・黒羽、冷血女王なのに何故か末晴にだけ優しい末晴初恋の相手・白草。三者三様に、叶わなかった初恋に対する復讐劇が繰り広げられる初恋復讐ラブコメ

なんて、なんて残念なんだ君たち。おかげでとんでもなく面白かったじゃないか。
普通ならサスペンスな愛憎劇が繰り広げられそうな状況の中、それをコメディに変換しているのがキャラクターの残念さ。狭量、自尊心、闇、詰めの甘さ。三人のダメなところ、負の部分を存分に盛り込んで、勘違い、空回り、すれ違いを複雑に絡ませていくストーリーが巧みで目が離せない。
中でも「詰めの甘さ」がポイント。
女の子の二人は計算高さと嫉妬深さが目立ち、作中男子たちの「ヒェッ」が飛び交うバイオレンスな性格ながら、時折見せるボロと可愛い一面で憎めないキャラになっている。二人ともズルいわ。また、一名が復讐を完遂してしまう戦慄のラストも、その後のあまりの残念さに苦笑するしかなくなる、実に彼ららしいオチ。
……ん? ちょっと待て。この結果、某先輩の言う通り全員敗北だろう。男の子も女の子もみんな、幼馴染みが盛大に負けてるじゃねーか。絶対負けないとはなんだったのか。まあ、続いたから最終的には負けないのかもしれないが。
そんなわけで、三人とも好き合っているに振られた状態で次回へ。
正真正銘の幼馴染み・黒羽、一応幼馴染み・白草、幼馴染みと言えなくもない・顔見せ新ヒロイン。幼馴染みの解釈が勝敗を分ける? タイトル詐欺じゃなくなるところまで行ってくれ。

「スイレン・グラフティ わたしとあの娘のナイショの同居」世津路章(電撃文庫)

はじめまして! わたしは、池野彗花。この春から、高校一年生です。お母さんが働いてるから、おうちの中のことと弟・妹のお世話はわたしの仕事なんだ。
今一番気になっているのは隣の席の庭上蓮さんのコト。クラスじゃ不良だヤンキーだって怖がられてるけど、なーんかそうは思えなくて……。
だけどある日、偶然彼女の秘密を知って一緒に住むことになっちゃって?!
「誰にもアタシが漫画描いてるってバラすなよ。バラしたらコロス」
わたしの家を作業場にして、新人賞を目指して頑張る彼女を、ささやかながら応援してます。ちょっぴり怖いけど、悪い人じゃないって知ってるから。
そんなこんなで、わたしとあの娘のナイショな青春グラフティ、はじまります!


母子家庭で小さな双子の母替わりをする彗花と、本気で漫画家を目指す見た目はヤンキーな蓮、女子高生の奇妙な同居生活を描く物語。
創作×百合ものかな、なんて不純な動機で読み始めてしまったことに対して謝りたくなるくらい、純粋で綺麗な友情と家族愛の物語だった。
特に優しさに溢れるキャラクターたちと、彼女たちが作る作品の空気感が良かった。
不良っぽい見た目や悪い噂の色メガネで相手を見ることなく、蓮の良いところを次々と見つけていく彗花。つっけんどんで勘違いされながらも、不器用に彗花を気遣う優しさを見せる蓮。小さな子の手前母のいない寂しさに蓋をしている彗花と、親に恵まれなかった蓮のどちらにも心の傷が見え隠れしている分、より尊くて眩しいものに映る。二人が惹かれ合うのは必然だったのかもしれないな。
それに、彗花の小さな弟妹がこれまた天使。
トラブルメーカーになることもあるけれど、落ち込んだ姉を一生懸命慰めたり、初めは怯えていた蓮に対して最後には「れんちゃん」と呼んで仲良くなっている姿を見せてくれたり、泣きたくなるような、でも心が温かくなるような、健気な姿を見せてくれる。
よかった。一途に友情と信愛を描く物語に心が洗われるようだった。(直前に読んでいた本が悪いともいう)




―ストーリーに影響はないけど、ちょっと気になること―
著者は女の子の髪型にこだわりがあるようで、描写が細かくて丁寧。
しかし、その分だけ挿絵とのギャップが気になる。

彗花=文:ボブ 絵:ミディアムかそれ以上
蓮=文:セミロング 絵:腰まであるロング

事前の打ち合わせなり修正なり、なされないんですか?(^^;

「賢勇者シコルスキ・ジーライフの大いなる探求 ~愛弟子サヨナのわくわく冒険ランド~」有象利路(電撃文庫)

「ところでコレ、ホントに出版するの?」
編集長の鋭い眼光とその言葉に、相当編集の命は風前の灯火であった。
本作は『賢者にして勇者である最強の称号《賢勇者》を持つ男が、弟子(おっとり巨乳美少女)とともに社会の裏に隠れた悪を断罪する』という“ザ・今時のライトノベル作品”としてスタートした。
だが作家からあがってきた原稿は、全裸のイケメン(賢勇者)をはじめ、筆舌に尽くしがたい変態仲間たちが織りなすナンセンスギャグギガ盛りの――いわば「なぜか堂々としている社会悪」的な何かであったのだ(ついでにヒロインの胸も削られていた)。
「だ、出版します!面白いですから!」
超言い訳っぽい担当の言葉は真実か!?
答えは――今、あなたの手の中にある。


必死の想いで賢勇者に弟子入りした無垢な女の子(貧乳)が穢されていく悲劇の物語。
初めは男の裸が見えただけで悲鳴を上げていた少女が、次々に出てくる変態達への叱責で疲弊し、度重なるコスプレの強要、AV出演未遂を経て、終いには自ら全裸になる姿には涙を禁じ得ない。


ゴメンナサイ。嘘で……はないな、事実関係は。
あまりに馬鹿馬鹿しい内容に、ボケずにはいられなくなるのよ。
本当の内容は、
エンタメ業界の方々に毒をばら撒きながら、下ネタを筆頭に各種あらゆるネタをぎっしりずっしり詰め込んだギャグファンタジー。なんじゃこりゃ?なあらすじから、表紙を一枚めくると全裸の男と快〇天の表紙(17年8月号 なぽた先生の表紙が目印!……サヨナちゃんの手デカくね?)が飛び込んでくることで、おおよそを察することが出来てしまう怪作。いや壊作。
一応短編連作形式で、ボケ倒す賢勇者と依頼人(ゲストキャラ)にサヨナ嬢がツッコむ会話劇が軸。そのツッコミに恥じらいがなくなっていく過程が最高に面白い物悲しいところを除くと、本気で「ひどい」以外に形容詞が見当たらない。
分からないネタや、過ぎた下ネタが出てきて、ちょっとどうかと思うところもあるが、まあ笑ってしまった時点で負けだよなあ。ええ、笑いましたとも、くそう。異世界転生主人公に対する並々ならぬ悪意と敵意がほとばしる本編に、前作絵師を持ち上げる体で堂々とエロ本を語る終盤、そして自虐ネタで締める第四話がお気に入り。
続編は色々な意味で厳しそうなので、せめてマスコットキャラクターのグッズ化を希望。え?無理?