いつも月夜に本と酒

ライトノベルの感想を中心に興味のあることを日々つらつらと書き連ねるブログです。



「七つの魔剣が支配する IV」宇野朴人(電撃文庫)

再び春を迎えたキンバリー魔法学校。オリバーたちは二年生に進級し、新入生たちの世話に新たな科目、それぞれの修行と、目まぐるしい日々を送っていく。
そんな中、ひとときの休息を魔法都市ガラテアで過ごすことにした6人。空飛ぶ絨毯に乗り、買い物や名物料理を楽しみ、魔法生物のお店を覗く。が、穏やかな時もつかの間。夕食の席でキンバリーの校風を嫌うフェザーストン魔術学舎の生徒たちと揉めてしまい――。
一方、シェラの父であり、ナナオをキンバリーに迎えた教師・セオドールにも接触を受ける。暗い夜道を歩きながら、彼は突然「この街には人斬りが出る」などと不穏なことを言い出し――。


二年生編開幕。一年の終わりの生死を分けた緊迫の事件が決着し、平和な(当シリーズ比)日常を描く4巻。
とてもえっちだった。
魔法使いの子作りの考え方が出てきたり、サキュバス退治だった事件の後遺症に悩むオリバーを介抱するシェラだったり、否応なく性を意識させる内容に驚いた。シェラによる治療は、ラノベでここまでやりますかって感じ。朝チュン表現よりよほど艶めかしい。
そんなシェラの意外な一面が見られたのも含めて、二年生になった六人の変わらぬ友情とそれぞれの成長が見られた回だった。
中でも戦闘能力で劣る三人の成長が目覚ましいくて頼もしい。一人で生き残る術を身につけようとするガイ、専門分野の知識を着実に伸ばしているピートとカティ。さて、この成長がオリバーの本願にとっての助けとなるのか、妨げになるのか。
で、そのオリバーは、、、ギャルゲーの主人公してた。いや、下級生ばかりか男まで関係なくたらしこんでいたからそれ以上か?w ナナオとピートは分かってたけど、カティやガイまでこの対応なの? カティは完全に口説きに行ってたよね? これは表の顔でも(ハーレム)キングになろうとしていますね、間違いない。
なんてお気楽ムードは恐らくここまで。平和な日常の中にも不穏な気配はいっぱいで、次は何がどれだけ起こるのか。
次回、1巻以来の復讐劇。目標が達成できるかよりも、何を失うのかが見もので怖い。

「幼なじみが絶対に負けないラブコメ2」二丸修一(電撃文庫)

幼なじみの黒羽に告白し、見事玉砕した俺。死にたい。フラれるってこんなに辛かったのか……っていうか、あそこまでいったら普通OKするだろ! 笑顔で「ヤダ!」ってなんだよ! マジで女子の気持ちわかんねー。でもまてよ、白草は俺のことが好きなんだよな……今ならイケる……?のか……いやいやいや、ダメでしょ。もしまたフラれたらと思うと怖すぎるし。
そんなモヤモヤ爆発の俺のもとに、子役時代の後輩にして理想の妹、桃坂真理愛が襲来! 玄関開けたら1秒で「おかえりなさいお兄ちゃん!!」っていったいどこのラブコメだよ!?
末晴に芸能界復帰の話が持ち上がり、ヒロインたちの思惑が交差する、先の読めないヒロインレース第2弾!


一癖も二癖もある高校生たちによる、頭を使い過ぎて空回る残念な恋の駆け引きが繰り広げられるラブコメ
好き合っているはずの三人が何故か振られた状態で終わった1巻の続きをどうするのかと思ったら、盛大に引き摺っていた。そりゃそうだ。末晴と黒羽の壊れっぷりは笑うしかない。
と、それでなくても人間関係がぐちゃぐちゃになっているところに、末晴の後輩女優の乱入と芸能界復帰騒動が起きてドタバタに。
ちょっとドタバタにし過ぎたような。色々な要素が入り過ぎて焦点がどこにあるのかよくわからなかった。
チャンスが巡ってきた白草の動きと、黒羽の策(策を弄し過ぎて失敗するところまで含めて)、末晴の勘違いの三つ巴を純粋に楽しみたかった。それに、作中では黒羽が一番勝った事になっているが、これも疑問。傍から見ると黒羽が一人、最悪手で更なる墓穴を掘っていたようにしか思えない。案の定なエピローグだったし。まあ、存在感があっただけマシかも。白草の存在感が極めて薄くて悲しくなったので。
今回は親友・哲彦の目的が明らかになる群青同盟結成の回だったってことで。人間関係を明確にして、それぞれの目的と倒すべき敵がはっきりしたので、次から各々の思惑が絡み合う様子が見やすくなって楽しそう。
この巻単体では1巻の面白さから2枚3枚落ちたが、状況が整理されたので次からに期待。

「ソードアート・オンライン22 キス・アンド・フライ」川原礫(電撃文庫)

『ザ・デイ・ビフォア』――《SAO》攻略のさなか、キリトはアスナにプロポーズし、二人は新婚生活を送ることに。だが新居に到着した二人が目にした光景は、思いがけないもので……?
『ザ・デイ・アフター』――新生《ALO》に新たなアバターでダイブ以来、アスナは謎の《離脱現象》に襲われていた。その原因は《SAO》時代に起こった一つの悲劇にあった――。
『虹の橋』――海底神殿での冒険を終えたキリトたち。しかし海の王リヴァイアサンと深淵の王クラーケンの謎めいた会話は、一行を新たな冒険へといざなう!
『Sister's Prayer』――《SAO事件》のさなか、ある少女が医療用フルダイブ機器《メディキュボイド》の試作機に身を投じた。《絶剣》ユウキ、誕生の軌跡をここに。


SAO本編久々の短編集。
BD特典の再録。3話目までは一期の特典か。それでシノンの影が一切ないのね。



ザ・デイ・ビフォア
新婚夫婦の新居購入の経緯
ワンコかわいい。アスナさんあざとかわいい。
プロポーズのシチュエーションを一生懸命に考えてるキリトが男の子してて微笑ましい。今は達観した仙人みたいだからねえ(苦笑)。この話でも、MMOでの結婚システムについてグダグダと考察してる辺りは実にキリトらしいけど。
アルゴ姉さんは人気なのかお気に入りなのか、最近よく出てくるね。この話では弱点を晒されただけで影が薄かったけれど、本編23巻での活躍に期待。



ザ・デイ・アフター
ALOにダイブし始めてから三週間、アスナに起きた異変
ここでサチはズルい。しかもあれを撮ってるシーンなんて。泣くわ。
ああ、表紙の下の子はサチか。
悲しい記念日を髪下ろし記念日として上書き……流石のユイちゃんでもそこまでは考えてないかな?
この後、奥さんにカジノ通いについて絞られるんですね、わかります。



虹の橋
ALOでの神話イベント
ALOの世界観に触れるのも楽しいが、このクエストの大冒険って感じとゲームを楽しんでるキリトたちの様子がとてもいい。自分でも何かRPGをやりたくなる。
タイトルの虹の橋が見られるのは、アインクラッド攻略後かー……前は75層で終わり、復活したと思ったら46層途中で地上に墜ちて、あの浮遊城が100層がクリアされるのはいつになることやら。
クラインがピザっていうと嫌なフラグな気がして、身構えてしまったじゃないかw



Sisters' Prayer
《スリーピング・ナイツ》誕生のきっかけ
PlayerでなくてPrayerだったことに、タイトルを打ち込んだ時に初めて気づいた。
『姉妹の祈り』……死と隣り合わせのこの姉妹だと重みが違う。
そんな二人の世界を広げてくれたメリダとの出会いに感謝を。

「横濱SIKTH ―けれども世界、お前は終わらない―」ニリツ(LINE文庫)

横濱――巷では表立ってはいないが『SIKTH(シックス)』と呼ばれる異能力者達が確認され、事件が多発。最近では行方不明者まで出ているという荒様だ。そこには横濱の裏案件を「掃除」する元刑事を始め、蹴殺脳筋マシーンの男、カタコトの褐色ムスメ、詐称と女装が得意な美少年とそのメンヘラ保護者。
そんな癖の強い奴らが揃う街で、女子校生の城黒セカイは今日も普通に生きている。たとえ自身が異能のシックスだとしても……。
果たしてセカイが備える正しさは、この狂った世界の中で正しい武器となるのか、あるいは――


イラストレーターのニリツさんの小説デビュー作。
著者とイラストに同じ名前があって「杜さん、著者の欄間違ってますよ」と脳内ツッコミを入れていたら……本当にニリツ先生の作品だったとは。で、気になるその内容は、
中二心とハードボイルドを程よくブレンドしたスタイリッシュ異能アクション。
これまで普通に生きてきた異能持ちの女子高生が、他の異能者に出会い、いくつかの事件に巻き込まれ、生きていくための選択を迫られる。少女の心の成長が綴られる物語。
退廃的で危険な香りがする街・横濱の雰囲気が、性格きつめの釣り目女子のイラストがピカ一なニリツ先生の描く女性主人公にぴったりでとても良かった。
ただ、登場人物の心理描写が(あとページ数的にも)薄いので、やや物足りなさを感じる面も。
時々主人公以外の視点も入るけど、この設定と世界観なら完全な群像劇にした方が面白そう。物語に厚みが出るだろうし。
それでも作者の持つ世界観の雰囲気を味わう作品としては十分楽しめた一冊だった。

「すべては装丁内」木緒なち(LINE文庫)

「何なの、あのドSデザイナー!」
学央館書房の新人編集者・甲府可能子は憤っていた。
編集長から紹介を受けた装丁デザイナー、烏口曲に企画していた詩集の装丁を即刻で「やらない」と断られたからだ。
曰く、可能子の装丁に対する考えの甘さが原因らしいが……実はこの烏口、理路整然に上から目線で仕事を選ぶ、業界内でも有名なドS&偏屈男だった! 果たして可能子は無事装丁の依頼を引き受けてもらい、本を刊行できるのか?
装丁の奥深い世界、そして今を働くすべての人に勇気をお届けする、お仕事エンターテイメント!


本職のデザイナーが装丁の仕事の何たるかを教える、お仕事小説。
とっても少女漫画テイスト。
浮き沈みは激しいが基本元気で嫌味がないタイプの女主人公。仕事が出来る皮肉屋イケメン、毒舌の代わりに防御力は極めて低いお相手。どちらもフォローできる“おねえ”なアシスタント。
というキャラ配置の時点でかなり少女漫画っぽいが、中身はそれ以上。演出過剰気味の各種イベントや、主人公がときめきを感じるシチュエーションは、まさしく王道少女漫画のそれ。
初めての木緒なち作品だったのだけど、予想外の作風でビックリ。『ぼくたちのリメイク』もこんな感じだったりするのかな。
という個人的には好きだが、好き嫌いが分かれそうな話の展開と違って、装丁の仕事を描くお仕事小説としてはガチ。
仕事内容とその流れがわかるのはもちろん、軽く見られがちなカバーデザインの仕事への意見や、仕事で気を遣うところなど、本職ならではの内容が興味深い。特に実際のデザインの話、ただしっくりくるだけでは埋もれてしまう。引っかかりを作らなければ人の目には止まらない、というくだりは目から鱗だった。
起こるイベント・ハプニングがテンプレでストーリーが淡白な印象はあるものの、少女漫画好きとしても、知的好奇心を満たすお仕事小説としても楽しめた一冊。面白かった。