いつも月夜に本と酒

ライトノベルの感想を中心に興味のあることを日々つらつらと書き連ねるブログです。



「幼なじみが絶対に負けないラブコメ7」二丸修一(電撃文庫)

両親との問題が解決した真理愛だけど、なんだか雰囲気が変わり、俺も一緒にいると前より照れくさい気が……って、これはまさか、黒羽や白草と同じくらい、真理愛を意識してるってことなのか!?
そんな真理愛を含めた三人からのアプローチが勢いを増す中、新たなトラブルが勃発。朱音が不良の先輩に告白されて、何やら揉めているらしい。ここは兄貴分として助けてやるしかない! ……のだが、中学時代の制服を着て学校に潜入とか恥ずかしいんですけど……。女子たちの中学の制服姿が見られるのはラッキーだけどな! しかし、蒼依や碧も最近なんか変だし、俺、何もしてないよな!?
黒羽の妹たちも参戦で、末晴もパニック寸前のヒロインレース第7弾!


芸能関係は一端お休み、志田姉妹にスポットが当たる第7巻。
志田四姉妹の双子の片方・朱音が告白してきた不良を中途半端に振った所為でトラブルに。ネットの誹謗中傷問題に末晴たちはどう立ち向かうのか!?という内容で、芸能の話はなく、誰かの当番回でもないということで、三ヒロインがそれぞれに末晴にアピールするラブコメらしい話に。……と思ったら末晴の様子が?
そんな末晴の変化をもたらした張本人にして志田美人四姉妹唯一の良心、蒼依ちゃん。本心を誤魔化す為とちょっとのヤキモチから投げた牽制球が、たまたま末晴のボディーにクリーンヒット。といった感じだが、彼女の性格を考えるとかなり頑張ったと言えるだろう。
本人は自分のことをズルいと言ったり、最終的には恒例の哲彦×阿部総評では立ち回りが見事と言われたりしているけれど、お姉さんたちだけでなく「自分も見て」という切なる想いが生んだ結果。周りがお腹の中が真っ黒なお姉さんたちばかりなので、その必死さと健全な自己嫌悪に心が洗われるようだった。今回で言うと真理愛の朱音懐柔術とかね。あれはもう詐欺師だよね。
そんな三ヒロインの真っ黒さが災いしたのか、事態は『幼なじみが絶賛負けてるラブコメ』状態に。因果応報ですな。これはもう蒼依ルートでいいのでは? 末晴の心身の健康の為にもw
そんなわけでギクシャクしたままクリスマスへ。ラストで共闘を申し込んでいた黒羽は、例によって抜け駆けする気満々だろうなあ。どのタイミングで裏切るかが展開の鍵になりそう。

「続・魔法科高校の劣等生 メイジアン・カンパニー (2)」佐島勤(電撃文庫)

メイジアン・カンパニーのメンバーは魔工院の設立準備を進めていた。達也は十師族の一員である八代家の隆雷に、学院長就任の打診をする。魔法資質保持者の人権自衛という目的のために、着実に行動していた。
そんな中、加工途中のレリックを狙った魔法師犯罪が勃発。その背後には人造レリック盗難事件の犯人が属していたUSNAの魔法至上主義過激派組織『FAIR』の影が……。達也はこれに対抗するために同じくUSNAの魔法団体『FEHR』との接触を試みる。
三つの組織が交わることでレリックを巡る争いが激化する――。


光宣くんと水波ちゃんのサンフランシスコ新婚旅行編。これに比べたら他の出来事なんて些事ですよ。
お互いを気遣う様子が初々しくて、それでも大事な場面は甘い空気も出てて、読んでいて優しい気持ちになれるデートが繰り広げられていた。対人関係がドライな達也が気に掛けたり、達也以外興味が無い深雪が協力を惜しまないのは、この二人の思わず親心になってしまう危なっかしくも可愛らしい姿に寄るところが大きいのだろう。
という冗談はさておき(SFデートは事実だが、それをメインと言い張るには寂しい容量なので)
2巻はメイジアン・カンパニーの足場固め+国内外の情勢といった内容。
特にUSNAの情勢、メイジアン・カンパニーに入った遼介が所属する組織『FEHR』と相反する思想を持つ過激派組織『FAIR』という組織が重点的に語られる。が、ボスも側近も大物には見えないので、ここが虎(達也)の尾を踏む役なんだろうなあ、くらいの感想しかない。
そいつらが起こすゴタゴタに巻き込まれた真由美のピンチが話のハイライト……だったと思うのだけど、事件の前から安全は保障していますと匂わせているし敵も弱いので、ヒーローになった遼介と助けられた真由美の距離が縮まった以上の意味は特にないのだろう。しかも、相手があの真由美さんだと、遼介が服部に代わるおもちゃになる未来しか見えないんだよなあ(苦笑)
そんなわけで、達也が静観構えで1巻以上に動かなかったので、全体的に静かな印象の巻だった。

「魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?12」手島史詞(HJ文庫)

アルシエラからザガンの誕生日を聞き、来週と差し迫っていることに気づくネフィ。その一方、ザガンもオリアスからネフィの誕生日の情報を得る。姉妹であるネフテロスの誕生日も同じ日に設定し、祝う準備を進めるザガンだが、彼女のホムンクルスとしての寿命が差し迫っていることにも気づいており、解決方法を模索していた。その頃シアカーンとビフロンスの暗躍組も動き始め……魔王同士の思惑が交差していく――!!
大人気ファンタジーブコメディ激動の第12巻!


ザガンとネフィの誕生日が発覚? 相変わらず賑やかな魔王ザガンさん家の日常、第12巻。
千年前の英雄を足掛かりに隠されてきた天使と魔王の秘密、さらにはザガンとアルシエラの真の関係も匂わされ、話が核心に近づいてきた様相を見せているのだが、「そんなことより誕生日プレゼントだ!」な姿勢なのが、ザガンファミリーらしさだ。
それでも嫁(予定)の妹であるホムンクルス・ネフテロスの寿命の問題は、流石のザガン様でもスルーは出来なかったようで、話は全体的にシリアス寄り。しかも珍しく前後編構成で、色々と大変なところで終わっている。
それにしても登場人物が随分増えたなあ。今回だけで何人出てるんだ? ザガン周りのキャラクターは覚えているけど、聖騎士となるともう誰が誰やら。
その多くの登場キャラクターほぼ全員に気を使って描写されているので、中々の分厚さを誇っているのに一人一人の出番は控えめ。正妻推しとしてはネフィの存在感が薄くて寂しい。キャラクターの多い作品の宿命か。
そんな中で存在感があったのがリリス。セルフィとのあら^~に、ポンコツ×ポンコツでシリアスな回を和ませてくれた。というかリリスって公式でポンコツ扱いなのね。お姉さんポジなんだと思ってた。
そんなわけで、今回は甘さ成分が全然足りてない。問題は早々にズバッと解決して、楽しくも甘々なお誕生日会をお願いしますよザガン様。

「スーパーカブ7」トネ・コーケン(角川スニーカー文庫)

大学入学を目前に、小熊は思いがけず愛車のかぶ0を全損してしまう。代替車として用意されたのは「スーパーカブ90」。
東京での小熊の大学生活は、新しいバイクと共に始まった。
入学式、オリエンテーション。それから木造一軒家の自宅のセルフリノベーション。試行錯誤しながら大学生活に慣れ始めた小熊は、不思議な雰囲気の2人の女性に出会う。黒いドレスが目を引く美女・竹千代と、なぜかカブを見て辛そうにする少女・春目。「セッケン」という謎のサークル活動をしている彼女たちに誘われ、夜の街に出かけることになって……。
新しいカブが小熊にもたらす出会いとキャンパスライフ。


ついについに大学生になった小熊の日常を描く第7巻。
次から大学生編だろうと思ったところから、事故ったり卒業旅行したり短編集になったりで、大学生編はやる気ないんじゃないかと思ってた。
山梨から東京へ移り心機一転、ライフスタイルや生活環境が一変し、不慮の事故によりスーパーカブまで一新され、まさに新たなスタートを迎えた小熊。そしてもちろん、礼子と椎とは進路がバラバラなので友好関係も新しく……なったのか?
偉そうで男勝りな先輩に小動物然としながら強い芯を隠し持った同級生。なんだかもの凄く既視感があるんですが。変わり者の小熊の周りにはこういう人材が集まるんだなって。作者がこの組み合わせが好きなのか、書きやすいのか。
ちなみに東京在住の椎は出て来るが、スポーツ少女にジョブチェンジしていてビックリ。そういえばカブに乗る前は自転車乗り回してたっけ。礼子はまあ、礼子だから。小熊の扱いもぞんざいだしw
さて、そんな似たような仲間を見つけてきた(というか絡まれた)小熊さんはDIYに目覚めた模様。
ボロ屋のセルフリノベーションに熱中する小熊が楽しそうで、相変らず的確に男の子心をくすぐってくる。大工仕事している挿絵(113頁)が最も生き生きしてるって女子大生としてどうなの? 学生の本分が大丈夫なのか心配になる。
そんなわけで、大学生になっても相変わらずな小熊の様子に、安心した巻だった。(最後の事件以外は)
ほぼ新車を手に入れたのに新車はあまりいじらず遠出もなかったので、次はじっくりカブに乗りカブをいじる姿を読みたいかな。

「学芸員・西紋寺唱真の呪術蒐集録2」峰守ひろかず(メディアワークス文庫)

北鎌倉にあるアンティーク博物館。その主任学芸員である西紋寺唱真は、実践的呪術を研究する、呪いの専門家だ。
実習を終えた大学生の宇河琴美と西紋寺のもとに持ち込まれた奇妙な出来事。呪いの絵馬に名前を書かれた人物が祟りに見舞われたというのだ。
調査のすえ二人はある「呪術」に辿り着く。膨大な知識に裏打ちされたそれは、かつて西紋寺が発案し、その危険性から自ら封印したものと酷似していた。さらに呪いの方法を斡旋する謎の「コンサルタント」の存在が浮上し――。


呪いを専門に研究する変わった学芸員の西紋寺唱真と、実習生からバイトになった女子大生宇河琴美が、呪いに関する事件に巻き込まれたり首を突っ込んだりする、妖怪が出てこない珍しい峰守作品第二巻。
珍しいと言えば、今作のヒーロー西紋寺唱真は歴代の峰守作品ヒーロー役と比べて安心感が無いなと。強くもないのに興味だけで死地に突っ込んで行きそうな危うさがある(絶対城先輩も強くはなかったけど強キャラ感があった)。正義感だけで突っ走りそうな女性主人公と合わせてハラハラ感が二倍。
そんな危なっかしい二人は、コンビ感が増していた。
1巻も凸凹なのにいいコンビだと感じていたが、唱真から琴美への信頼度が上がり、琴美から唱真への遠慮が薄くなっていて、会話が気安くより楽しくなっている。
メインテーマの呪いに関しては、科学的な見地で紐解いていくのが興味深い。主に古代中国の呪術・蠱毒を、ヘビやウミウシが捕食生物の毒を取り込む習性を使って説明実践する第一話は特に説得力があって、話としても面白い。真面目そうなのにやってることがアグレッシブな蒼生ちゃん、また出てこないかな。いいキャラだった。
また、第一話から第三話の一見無関係な事件や出来事が、第四話で綺麗に収束していく気持ちよさは本作でも健在で、二巻も文句なしで面白かった。