いつも月夜に本と酒

ライトノベルの感想を中心に興味のあることを日々つらつらと書き連ねるブログです。



「うっわ、この子、漢らしい……っ!」

姪たち来襲。
のおかげでお留守番係りに。来客があるこの時期の留守番は私が一番苦手とするところ。
お年寄りという人種は、どうして自分の知っていること(特に人物)は、誰もが知っていると思い込んでいるんだろうね?
胃が痛い('A`)

「ソードアート・オンライン オルタナティブ クローバーズ・リグレット3」渡瀬草一郎(電撃文庫)

ソードアート・オンライン オルタナティブ クローバーズ・リグレット3 (電撃文庫)
ソードアート・オンライン オルタナティブ クローバーズ・リグレット3 (電撃文庫)

「んー…そこは私と海世くんの仲ですから――」
《SAOサバイバー》にして、VRMMOの中限定の《探偵》クレーヴェル。そんな彼のリアルをよく知るいわくありげな美女の登場に、戦巫女・ナユタと忍者・コヨミは動揺を隠せない。謎の美女、リリカとクレーヴェルの関係とは?
その一方、現実世界のクレーヴェルの自宅では、ナユタのお泊りイベントが発生。微妙な距離を保ち続けてきた二人の関係に、大きな変化が訪れる――?
VRMMO《アスカ・エンパイア》を舞台に綴られるもう1つの《SAO》の物語、ここに完結!!

何かと謎だった探偵さんの会社の実態と社員たちが続々登場のシリーズ第3巻。にして最終巻。


ナユタを愛でようと思ったら、可愛いのはクレーヴェルの方だった――
実はこの物語、初めから主人公ナユタがヒロインのクレーヴェルを攻略する話だったんだなって。いや、ナユタの姉御がこれまで以上に、ゲーム内でも恋愛関係でも大変漢らしい姿を随所に見せてくれるから、そうとしか思えなくなってしまった。第一印象は清楚な大和撫子だったのに、まさかこんな強い娘に育つとは。でも好き。
一方のクレーヴェルは、作中でも可愛い可愛い言われていたが、本当に可愛いな、おい。で、切れ者なのに極度に臆病で純粋なこの人格形成は、アンタッチャブルな姉(表紙の新キャラ)の影響が大だったわけだ。コヨミが苦手なのも納得だ。
さて、毎回重めのストーリーの方は、ずばりSAO事件について。中でも“残された”人の心の傷について。
本編に深く切り込んでいく話に、GGOとのスタンスの違い驚きつつ、SAOサバイバーと遺族の二人を主人公にした意味の原点はここだったんだと納得させられる痛ましい内容だった。でもその悲痛さがストレートに表現されているからこそ、ナユタとクレーヴェルの出会いがもたらした劇的な効果と救いが映えているのだろう。
ナユタは久々にどストライクなヒロインだったので、ここで終わってしまうのが寂しい限りだが、悲劇に見舞われた二人の幸せな未来が見えた結末に読後感は最高。
まあ、尻に敷かれているところしか想像できないけどねw

第100回全国高校野球選手権記念大会 第10日

第1試合
常葉大菊川(静岡) 3−0 日南学園(宮崎)


まさかのロースコア。まさかまさかの常葉大菊川漢人88球の完封勝利。
1回、2安打に加えて凡打も全て良い当たりの日南学園に対し、あっさり三者凡退の菊川。この時点で前半は劣勢確実、勝つなら10点は取らないと無理じゃないかと思ったのだが。
明暗の理由を探すなら、同じバントなしの早打ちでも、足での揺さぶりはあった常葉大菊川と、何の策もなくゲッツーを打ちまくった(4併殺)日南学園の差かな。日南はショートゴロいくつ打ったんだ?
静岡県民としては、あっという間に終わった試合でラッキーの連続でなんとなく勝ったくらいの印象しかないがw




第2試合
金足農(秋田) 6−3 大垣日大(岐阜)


主審の右打者アウトコースのストライクゾーンがあまりにも広すぎた(^^;
両チームに平等に広かったからまだいいけど、普通のストライクゾーンの審判だったらスコアは全然違うものになっていただろう。
吉田君はパワプロだとスロースターターと尻上がりと力配分が付いてるな。




第3試合
花咲徳栄(北埼玉) 6−8 横浜(南神奈川)


リードしていた横浜がそのまま勝ったから良かったものの、なんだこの9回裏。誤審に次ぐ誤審で、球史に残るレベルの最低のイニング。
4番のサードゴロはリプレイを見るまでもなく100%アウト。6番のデッドボールは誰がどう見ても完全なスイングで、論ずるにも値しない。
NHKのやり方もいつも通り汚い。サードゴロの時はファーストへの送球が写っていない走者のヘッドスライディングだけが映る映像を流し、嘘デッドボールはリプレイを一切流さない。判定が間違ていることを暗に認めているようなもの。
選手には何の落ち度もないが断トツで今大会最低最悪の試合。故意に演出されたドラマなんていらない。この審判団には二度と甲子園の土を踏んでもらいたくない。