いつも月夜に本と酒

ライトノベルの感想を中心に興味のあることを日々つらつらと書き連ねるブログです。



3/11の雑談

ちょっと、色々と、余裕ない。


お届き物

「新説 狼と香辛料 狼と羊皮紙 IV」支倉凍砂電撃文庫
「ヒトの時代は終わったけれど、それでもお腹は減りますか?」新八角電撃文庫
「君がいた美しい世界と、君のいない美しい世界のこと」神田夏生(電撃文庫