いつも月夜に本と酒

ライトノベルの感想を中心に興味のあることを日々つらつらと書き連ねるブログです。



「魔弾の王と凍漣の雪姫3」川口士(集英社ダッシュエックス文庫)

ライトメリッツを襲ったアスヴァール軍を撃退し、エリオット王子を見事に捕らえたティグルたち。ジスタート王国はエリオットを利用して、アスヴァールの内乱に介入することを試みる。遠征軍の指揮官に任命されたのはミラとソフィーの二人だったが、その人選にはいくつもの思惑があった。
同じころ、アスヴァールの王女ギネヴィアは、自らの野心をかなえるためにブリューヌ王国を訪れていた。ブリューヌは黒騎士の異名を持つロランに、あることを命じる。
野心家たちが入り乱れ、混迷渦巻くアスヴァール島で、ティグルとミラの前に新たな強敵が立ちはだかる。戦いの先で二人は何をつかむのか――。


捕えた第二王子を使ってアスヴァール介入を目論むジスタート王の命で、船で一路アスヴァールへ! なシリーズ第3巻。アスヴァール編前編といったところ。
前編とあってか現地に着くまでの前半は平穏そのもの。おかげでティグルとミラのイチャイチャタイム増量で、バカップル具合に中てられる。ちょっとちゅっちゅしすぎじゃないですかね、この子たち(←おいおっさん しかし何故、ワンピース姿のミラの挿絵がないのか。ティグルの食事シーンなんて要らんだろう。
さて、本題のアスヴァール編は、
2巻は囚われのエレンと魔物との死闘の印象が強くて、アスヴァール軍の侵攻なんてあったっけ? エリオットって誰?って状態だったが、特に問題はなかったかな。今回も最期まで印象のないまま退場していったし。妹を表舞台に立たせる舞台装置だったような……不憫な。
逆にその妹、アスヴァールの王女ギネヴィアは麗しいキャラデザにお転婆な性格、竜具以外の伝説の武器を持つ目立つ姫君で、ブリューヌとジスタート以外の国は記号的に、もし戦う時は野蛮に描かれることがほとんどだった前シリーズから考えると、敵国の王女が戦姫級の扱いなのは珍しい。今シリーズは本気で舞台を世界規模にするんだと実感した。
そして、女性ということはもちろんハーレム入りなんだろうなあ。ミラとは主に紅茶の好みでそりが合わなそうだが、どういう立ち位置になるのかが見物。
魔物を一体討伐したところで後編へ。各陣営に魔物の影がある中、アスヴァールの内戦がどう転ぶのか次回が楽しみ。