いつも月夜に本と酒

ライトノベルの感想を中心に興味のあることを日々つらつらと書き連ねるブログです。



「終末なにしてますか異伝 リーリァ・アスプレイ」枯野瑛(角川スニーカー文庫)

リーリァ・アスプレイ――極位の聖剣セニオリスに資格を認めらた正規勇者(リーガル・ブレイブ)の少女。「あんたって、やっぱりさ。生きるの、へたくそだよね」 人類を守護するという使命を背負う彼女に並び立つことを諦めない兄弟子に、複雑な感情を抱きながら。怪物が蔓延る地上でリーリァが過ごすのは、烈しくも可憐な日々。
アニメ化も果たした『終末なにしてますか?』シリーズから紡がれる、いつかは滅びゆく大地で、いまを生きる勇者と人々の物語。


本編でも度々名前が出てくる、当時ヴィレムがどうしても助けたかった内の一人、勇者リーリァが主人公の物語。

リーリァの明るくていい意味でいい加減な性格のおかげで、このシリーズとしては珍しく明るい雰囲気のお話。本人がヴィレム好き好きオーラを出していたのも、大きな要因だろう。気になるあの子似のぬいぐるみに顔をうずめる13歳には「かわいい」以外の形容詞はないって。
巻き込まれた事件は単体で面白く、そこで語られるリーリァの本心も興味を惹かれる内容だったのだけど、どうしても気になってしまうのは、あちこちに散りばめられていた本編(現代)との繋がり。
中でも聖剣の適合条件と、聖剣セニオリス誕生の物語。
妖精兵たちは、そういう意味でも“パーツ”なんだな、と。ここにきて切なくなる条件をプラスしてくるとは。それと、リーリァが言うセニオリスを持つ条件と、セニオリス誕生の物語を読む限り、ヴィレムがセニオリスに選ばれてもおかしくないと思うのだが。彼には何が足りなかったんだろう。
他にも、小さくてもヴィレムはヴィレムだったり、ヴィレムが聖剣の調整が出来た秘密が明らかになっていたりと、どうしても本編に想いを馳せてしまう一冊だった。
お供兼お目付け役で付いてきたシリルさんがかなり良いキャラだったんだけど、またどこかで出てこないかな。