いつも月夜に本と酒

ライトノベルの感想を中心に興味のあることを日々つらつらと書き連ねるブログです。



メカロデオ(今週のアニメ感想1)

SSSS.DYNAZENON 第7話「集まった意味って、なに?」

やっぱりグリッドナイトでした。
新たな組織の登場で話としては急展開。でも空気が沈んでてテンポはスロー。
ガウナさん、何回「お前が言うな!」ってツッコミを入れたらいいんですか?w
蓬くんは他人の気持ちに寄り添えるいい子だ。でも、それはプロポーズの言葉では?
この優しさと天然さがクラスの女子にも人気な理由なんだろう。南ちゃんの態度も軟化したし。
ちせちゃんの裏切り伏線いっぱい過ぎて、逆に裏切らないのでは?と思い始めている。


86―エイティシックス― #06 最後まで

あっさりと死んでいく名有りキャラクター。
一つの死で大きく悲観に暮れることはない淡白さが、戦場だと実感させる。
怨嗟の声を聴いて、仲間の死に直面して、シンの役割を実感して、それでも壊れないレーナの精神的にタフが光る回だった。
自爆して身悶える赤面レーナちゃんかわいい。