いつも月夜に本と酒

ライトノベルの感想を中心に興味のあることを日々つらつらと書き連ねるブログです。



第104回全国高校野球選手権大会 第3日

第一試合
海星(長崎) 11-0 日本文理(新潟)

こんなに点数差がつくほどの実力差は感じなかったが、試合の流れとは恐ろしい。
あえて理由を挙げるなら、日本文理のエース田中が2回から指先を気にしていた事と、守備の際、球際に強かったのは間違いなく海星だった。あと半歩あとボール一個の差が最終的に大きな差になった。



第二試合
天理(奈良) 2-1 山梨学院(山梨)

打力で勝ち上がってきた両チームの対戦は予想外の投手戦に。
序盤中盤の大量得点で最後まで集中力の続かない試合が多い中、最後まで息詰まる守り合いで緊張感を保ち続けた試合だった。
両チームノーエラー。ナイスゲーム!



第三試合
敦賀気比(福井) 13-3 高岡商(富山)

両チーム合わせて30安打の打撃戦だったが、ほぼ互角だった安打数の割には点数差は大差に。
最大の原因は守備力だろう。高岡商は13失点だがエラーが5つで投手の自責点は5点。8点は防げる失点だった。後は走力か。攻撃に足を絡めたり相手のミスにつけ込んだりと卒ない走塁をしていた敦賀気比に対し、高岡商の攻撃はただ打つだけだった印象。
高岡商はバットの振りは本当に鋭くて素晴らしかった。但し、野球は総合力。他の練習もしてこよう。



第四試合
興南(沖縄) 5-6x 市船橋(千葉)

市船橋が5点のビハインドをひっくり返して9回サヨナラ。
今大会は序盤に点数差がつくと集中力が切れてしまうのか諦めてしまうのか、そのまま点差が開く一方な試合ばかりなので、3回0-5からじわじわ追いつき、ついにはひっくり返した市船橋の諦めない姿勢に感銘を受けた。高校野球はこうでないと。

飛びます飛びます(今週のアニメ感想1)

黒の召喚士 #04 悪魔

冒頭の一文で一ヵ月の過程がすっ飛んだ。メイドエルフちゃんの成長をじっくりねっとりやってくれないのか。
着々と量産型なろうアニメ化作品への道を歩んでる(げっそり)。ステータス画面を赤面させたぶっ飛んだ思考(嗜好)はどこへ行ってしまったのか。
神様が神託で私情をぶっこんでいくスタイルと主人公の変態性でなんとかオリジナリティを保ってはいるが……あと一、二話で切るかもしれない。


異世界薬局 第4話 皇帝陛下と創業勅許

人皇帝の鶴の一声でいきなりタイトル回収の巻。
コメディ姉さんきたー。笑いの空間を作り出す天才だなこの人。いつの間にかスルッと助手の立場に就いてるし。
お父さんも大概だった。なんだそのデカい宝箱はwww どうやって持てと。
え? ロッテ9歳だったの? 少なくても主人公よりは年上だと。

J1 第24節

FC東京 0-2 清水


何の間違いか勝ってしまいました(*´ω`*)
クリーンシートが奇跡なのに、なんでも試合内容まで完璧な完勝だったそうで。
右にピカチュウ、左に乾。ボールの収まりどころが出来たのが大きいのだろう、たぶん。これまで真ん中に置いてた人たちは、ボールホルダーとしては誰も役に立ってなかったからね。
この勢いで今季初の連勝、おなしゃーっす!←あんまり期待してない軽さ

第104回全国高校野球選手権大会 第2日

第一試合
八戸学院光星(青森) 7-3 創志学園(岡山)

八戸学院光星が12安打1四球1エラー、創志学園が11安打4四死球1エラーと出したランナーに差はなく、チャンスはむしろ創志学園の方が多かったくらい。しかしチャンス/ピンチでの集中力と落ち着きで大きな差が出た。
創志学園のエース岡村はサイドから力強い球を投げる好投手だったが、如何せん球が高い。いくら球威があっても打者が気持ちよくスイングできる高さに投げていたら抑えるのは難しい。



第二試合
愛工大名電(愛知) 14-2 星稜(石川)

愛工大名電打線爆発。星稜マーガードの不安定な立ち上がりを攻め、2回途中でノックアウト。2回までに10得点で早々に試合を決めた。
星稜も11安打と二桁安打に乗せたが、序盤の大量失点で小技を使える状況になく、3併殺打もあり反撃は5回の2点のみ。完敗だった。
名電強かった。夏なのに← 不安材料は捕手くらいか。



第三試合
鶴岡東(山形) 12-7 盈進(広島)

エラー、デッドボール、送球ミスで相手が怪我、酷い…試合だったね…
高校生だから状況に飲まれたり、連鎖的に重なってしまったりしてエラーが増えるのは仕方がないことだと思うけど、それで相手に怪我をさせてしまうとなると、やっぱり最低限の守備力はないとと思ってしまう。
二番土屋の一試合2HRを含む計3HRの鶴岡東の長打力は光ったが、投手力守備力はどちらも甲子園レベルではなかった。



第四試合
近江(滋賀) 8-2 鳴門(徳島)

近江山田VS鳴門冨田、春センバツを賑わせた左右の好投手対決は打力に勝る近江の勝利。
序盤こそ効率的に点を獲ったものの、その後は力負けして淡白にアウトを重ねた鳴門打線。出来るだけ粘って冨田の球数を増やしタイミングを合わせていった近江打線。その打線の力量差が中盤もろに出た。
春は大阪桐蔭、夏は近江。初戦で関西の強豪校を引く鳴門のくじ運のなさよ……

8/7の雑談

今更

エアコンのフィルター掃除なう

綺麗なものでした。


家庭菜園

外:キュウリ、元気


そこそこの数花が咲いているので、まだまだ採れそう。



ベランダ:二十日大根、ダメっぽい


既に発芽から39日経過、根が膨らむ気配なし。
これまでも発育が遅く悪いことはあっても、全く膨らまないということはなかったのに。
もう一週待ってダメなら全部引っこ抜いて菜っ葉として食べるしかないか(´・ω・`)