いつも月夜に本と酒

ライトノベルの感想を中心に興味のあることを日々つらつらと書き連ねるブログです。



「ロクでなし魔術講師と禁忌教典15」羊太郎(富士見ファンタジア文庫)

「なんで! 俺が! こいつらの総監督を務めにゃならんのよ!?」
帝国代表選抜会を終え、いよいよ迫る魔術祭典。何の因果か、総監督を務めることになったグレン。メイン・ウィザードを勝ち取ったシスティーナと訪れたのは自由都市ミラーノ!
平和の祭典に相応しい地に足を踏み入れた帝国代表は、かつてない大舞台で各国代表と激突する! 一方、この祭典を台無しにし、戦争をもたらそうとする刺客に気付いたグレンは、教え子たちの思いを守るため、自身も戦いに乗り出して……
「へっ!裏魔術祭典・大開催!ってわけだな」
天使と吸血鬼。芸術の都に高らかに悲劇の歌声は響く――。


各国の代表と相まみえる魔術祭典が開催されるシリーズ第15巻。
どうしてこうなった。
学生たちが主役の競技大会のはずが、汚い大人たちに政治利用されて、平和の祭典(笑)になってしまっていた。当然、学生たちは蚊帳の外の脇役に。ある意味リアルと言えばリアルだが……。祖父に憧れそれに、一歩でも近づきたいと頑張っているシスティに、この仕打ちはないんじゃないか?
しかも話が前編で、はっきりは明かされない大人たちの思惑ばかりが語られるという、学生蔑ろで胸糞悪い、隠し事ばかりでモヤっと、最後スッキリもできないの三重苦。この巻単体ではまるで面白くない。面白くなるかは後編次第。
そんな中でよかったところと言えば、グレン×ルミアが楽しめるところ。ルミアがマネージャーとして、何故か総監督を任されたグレンのそばにべったりだった上に、システィは従妹に付きまとわれていて邪魔も入らないベストな状況。おまけにお母様のGOサインまで!?
ちょっぴりわがままになったルミアが、グレンと楽しそうに会話してたり、グレンの為に一生懸命になる姿が唯一にして最高の清涼剤だった。
前編ぐらい学生たちが本気で戦うだけの回に出来なかったんだろうか。後編で「裏ではグレンたちはこんなに大変でした」でよかったと思うのだが。

8/22の雑談

20年選手

大学時代から使っていたスティック型の掃除機がご臨終になりました(´;ω;`)
母が倒した拍子にどこかが断線したっぽい。
大学で一人暮らしを始める時にセットで買ったもので、テレビデオ、冷蔵庫、レンジ、洗濯機、コタツと亡くなって、電化製品では最後の生き残りだったのです。長い間本当にお疲れさまでした。
ちなみに、同じセットで電気関係ないパイプベッドは未だ現役。



GSOMIA破棄

どうせそんなとこからくる情報なんて嘘ばかりなんだから要らんでしょ。
国交断絶マダァ-? (・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン

第101回全国高校野球選手権大会 第14日

勝戦
履正社(大阪) 5-3 星稜(石川))


センバツで奥川に3安打完封された悔しさをバネに練習してきた履正社が、見事リベンジを達成! 初優勝で大阪勢の連覇を達成した。
履正社は自慢の打撃はもちろん、ノーアウトのランナーを確実に進める堅実さや守備でも隙が無かった。
一方の星稜は決勝の緊張感からか守備に走塁にとミスを連発。相手を上回る13安打を打ちながら3点止まり。不調のエース奥川を助けられなかった。


1回表、四番井上をすっぽ抜けのスライダーで見逃し三振。この時点で星稜の負けを確信した。
奥川はストレートの平均球速は5km/h近く遅い上にシュート回転が多く、一番の武器のスライダーのコントロールがままならない。6回からは目に見えてスタミナ切れと、本調子からは程遠かった。休みが足りなかったのか、なまじ中1日あったから悪かったのか。それでも失点を3回と8回の5点に抑えたのは流石エース。今日の調子なら10点以上取られてもおかしくなかった。
なのに打線が、ヒットを打っても点は入らない2回戦までの拙攻チームに逆戻り。何故こうも点を取るのが下手なのか。
結局、星稜は投げる打つは超高校級でもそれ以外は凡チームで、履正社の方が大味な野球に見えて細かいことも出来ている成熟したチーム。順当に履正社が勝った、当然の結果だったってことかな。

8/21の雑談

光も音も凄かった。
いつ停電するかとヒヤヒヤもの(^^;
現在(21:45)は雷+大雨……と書いている間に止んだw



旧作

GYAO!氷菓ハジマタ!(・∀・)



「死体埋め部の悔恨と青春」斜線堂有紀(ポルタ文庫)

英知大学に入学したばかりの祝部は、飲み会の帰りに暴漢に襲われた末、誤って相手を殺してしまう。途方に暮れた祝部を救ってくれたのは、同じ大学の先輩だという織賀だった。しかし死体の始末を申し出てくれた織賀の車には、すでに別の死体が乗っており、祝部は秘密裏に死体の処理を請け負っている織賀の手伝いをする羽目に。そのうえ、織賀が運ぶ“奇妙な死体”がなぜそんな風に死んだのか、織賀を相手に推理を披露させられることになるのだが…。
繰り返される『死体遺棄』の末に祝部と織賀を待ち受けるものはいったい何か――。気鋭の作家が描く、異色の青春ミステリー。


上京したばかりの大学生新入生が暴漢との揉み合いの末、相手を殺してしまって途方に暮れている時に、死体の処理を請け負っている大学の先輩に出会うことから始まる、ビジネス死体遺棄青春ストーリー。
強烈なインパクトのタイトルに惹かれて買ったら、まさかタイトル通りのものがそのまま出てくるとは。
第一話から第三話までの依頼をこなしつつ、依頼された遺体の死因や背景が、第一話の真相と最終第四話の結末に繋がっていくストーリーラインが美しい。主人公・祝部の心境にリンクしていて、この珍妙な状況の作品にぴったりな怪しい余韻を残すラストも絶妙。
ただ、この状況をエンタメとして楽しむには、主人公のメンタルが繊細過ぎたように思う。死体遺棄というれっきとした犯罪行為に対する嫌悪感や忌避感が大事な要素なのは分かるのだけど、特に序盤は祝部の思考がそれに沈むので、思考と行動の不一致がどうしても気になってしまう。
もう一つ気になるのが、死体の死の状況を推理する推理パート。後出しの事実が多くて読者にフェアじゃないのと、結局合っているのかどうか分からないのが、白黒はっきりさせたいタイプの自分にはどうにも気持ち悪い。
そんなわけで、大枠では面白かった。でも細かいところが微妙に合わなかった。といった感じ。