いつも月夜に本と酒

ライトノベルの感想を中心に興味のあることを日々つらつらと書き連ねるブログです。



↑咎人の末路↓(今週のアニメ感想1)

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIII 第9話 『零落 ―スティグマ―』

お手々繋いで逃避行シチュエーションに(腕に)当ててんのよ、膝枕まで……やはりリトルルーキーはギルティだな。
愚直こそがベルくんの美徳だけど、この立ち回りの下手さは擁護できないよなあ。完全に他の冒険者を煽る行動してるもの。


くまクマ熊ベアー 第8話 クマさん、無双する

また幼女増えた。守りたいこの笑顔←幼女ばっか。ユナさん幼女に弱すぎやしませんかね。
くまオンザくまwww その意味不明実況をするのが美少女エルフ。うーんカオス。てかこのロリっぽいエルフがギルドマスターなの? 彼女もハーレム要因か?
気の毒な復讐者さん、兵士を眠らせる程度に人を害せる幻影を王都に送りこめるなら、そっちを伸ばせば別に魔物要らなかったんじゃ? あ、野暮ですねスミマセン

11月の読書メーター

読んだ本の数 :13
読んだページ数:3890



今月のベスト3

「吸血鬼に天国はない (4)」周藤蓮(電撃文庫



「天才王子の赤字国家再生術8 ~そうだ、売国しよう~」鳥羽徹GA文庫



「レッドスワンの死闘 赤羽高校サッカー部」綾崎隼メディアワークス文庫



今月は豊作月。
「おいしいベランダ。」は相変わらずのニヤニヤ度だったし、ハルヒの新刊も予想外の方向性だったけど面白かった。静岡県人補正ありだけど「探偵はサウナで謎をととのえる」も捨てがたい。

「涼宮ハルヒの直観」谷川流(角川スニーカー文庫)

初詣で市内の寺と神社を全制覇するだとか、ありもしない北高の七不思議だとか、涼宮ハルヒの突然の思いつきは2年に進級しても健在だが、日々麻の苗木を飛び越える忍者の如き成長を見せる俺がただ振り回されるばかりだと思うなよ。だがそんな俺の小手先なぞまるでお構い無しに、鶴屋さんから突如謎のメールが送られてきた。ハイソな世界の旅の思い出話から、俺たちは一体何を読み解けばいいんだ?
天下無双の大人気シリーズ第12巻!

9年半ぶりなんだそうな。



初詣(短編)、学校の七不思議(中編)、VS鶴屋さん(長編)の三本編成で送る大ボリュームの涼宮ハルヒシリーズの最新刊。
ハルヒが珍しく清く正しいラノベヒロインをやってる初詣の短編を過ぎると、重厚で濃密なミステリの世界が広がっていた。
ハルヒが何かしでかす前に北高の七不思議をでっち上げる『七不思議オーバータイム』はミステリとホラーの親和性の高さを、小泉解説と実践で証明するような話。鶴屋さんから旅先であった謎の解明を挑戦される『鶴屋さんの挑戦』は小泉、留学生T、長門の傑作ミステリ談義と、鶴屋さんからの3つの問題で叙述トリックについて語る話。
特に『鶴屋さんの挑戦』の方は、三人のミステリ談義で「アンフェアではない」ことを十分にアピールしてから、鶴屋さんの仕掛ける叙述トリックを一つずつ丁寧に解説しながら紐解いていく、小泉流(作者流?)のミステリの読み方講座兼叙述トリック解法講座とでもいった様相。終盤二転三転する展開も実にミステリらしく、ストーリーもトリックも丁寧に練られた物語という印象。解説部分が長いので、若干小泉を使って作者がミステリ談義がしたかっただけのような気がしないでもないでもないが、、、ミステリ好きとしてはとても楽しく有意義な時間だったので何も問題はないな。
と、非常にミステリに寄った内容だったイコール不思議要素はほぼ無しのため、ハルヒが大人しく、みくるや長門の台詞もかなり少なめとキャラクターを感じることは少なかった。
そんなわけで、涼宮ハルヒシリーズとして面白かったかと言われると何とも言えないところだが、ミステリ好きとしては文句なしに面白い一冊だった。

11/29の雑談

年賀状作成

今年は喪中なので家族の分は作らなくていいけれど、仕事関係は関係ないので事務所の分だけ作成。
ちなみに喪中はがきは七年前の祖母の時のものを使い回して先月末に作成済み。投函は任せたのでいつ出したかは知らない。
あとは年画像か。まるで思い浮かばんなー(^^;どうしよ


家庭菜園

外:唐辛子、ここに来て順調に色付く。
ベランダ:春菊、一昨晩の暴風以降やや元気が無いように見えるので心配。


f:id:bluets8:20201129205534j:plain:w400

ってことで、葉が重ならないようにまた間引き。
丈はこれまで程伸びなかったが、茎が太くなってきてるから大丈夫かな。


ジャパンカップ

キセキ大逃げwww からの アーモンドアイ強すぎぃ!
コントレイルも元気なさそうに見えて2着まで来る辺り本物だ。まあ相手が化け物だったけど。三冠馬ワンツースリーは出来過ぎね。
ゲートいやいやしてたフランスのお馬さんが白くて綺麗だった(小並感)

J1 第30節

清水 1-1 湘南


久しぶりの地上波放送だったのにゲストの芸人がウザくて五月蠅くて、聞くに堪えない放送だったのでミュートでチラ見観戦。後半は競馬メインで時々観戦。無関係な芸人呼ぶのホントやめて。呼ぶなら平ちゃんでお願いしたい。

試合は勝てる試合を落とした感が強い。
流れが良い時間帯が長くあっても、結局点を取り切れないのが弱いチームだよね。