いつも月夜に本と酒

ライトノベルの感想を中心に興味のあることを日々つらつらと書き連ねるブログです。



「継母の連れ子が元カノだった 4 ファースト・キスが布告する」紙城境介(角川スニーカー文庫)

親の再婚できょうだいになった水斗と結女は、元恋人同士。“家族”らしさも板についてきた二人だが、ときおりあの頃の思い出が蘇り、やっぱりお互いが気になる日々で――。そんな夏休みも半ば、伊理戸一家は父方の実家に帰省する。「水斗くんじゃ~ん!! ひっさしぶりぃーっ!!」水斗をハグで出迎えたのは、親戚の清楚風陽キャお姉さん・種里円香。なぜか彼女には従順な水斗に、結女は察する――この人、水斗の初恋相手!?
昔の恋は振り切って、今の関係を受け入れたはずの元カレと元カノに、未練が渦巻く三度目の夏祭りが訪れる。
結女の決断に元カップルが大いに揺れ動く、夏休み帰省編!


初めて一家四人で田舎の伊理戸家に帰省する夏休み編。
若干の水斗視点と箸休め的に某幼馴染みの話が一話あっただけで、大半が結女視点。初めての親戚付き合いで自分の知らない水斗や彼のルーツを知る、結女のための4巻だった。
恋に浮かれていた綾井結女ではなく、伊理戸結女として伊理戸水斗と向き合う。そこに至る流れや葛藤の過程が濃密に描かれていた。特に彼氏彼女だった時と家族になってからの時間、両方があったからこそ水斗の心の機微に敏くなっている結女の様子は、どれだけ特別なのかが分かって嬉しくなる。そして、そこまで丁寧にやってくれた分、吹っ切れた後の行動の甘さと感動をじっくり噛みしめられる。
また、そこまで結女を突き動かした一要因、年の近い親戚のお姉さん円香の存在が大きかった。
結女を時に悩ませ、時に焚き付け、時に心情を吐露させる。性格は少々、いやかなりウザかったけど、根暗少女を動かすにはこれくらいの行動力が必要か。
親戚のお姉さんと言えば、幼気な男の子の心を弄ぶ結女さん。悪女だわーw 現在進行形で親戚のお姉さんに振り回されているのに、自分がその親戚のお姉さんになっていることに何故気付かないのか。あ、水斗のことで頭がいっぱいでそれどころではないからですね、はい。
当てられるくらい青春を味わった。やっぱり恋心に真剣に悩む少女はいいものだ。
次から吹っ切れた結女の攻勢が楽しみ。でも、結女は覚悟を決めたのから、今度は水斗の番になる?

4/5の雑談

お菓子作り

サツマイモを沢山もらったので、スイートポテトを作りました。

f:id:bluets8:20200405205308j:plain:w400

onリッツの小さいのと器に入った大きいの。
……ああ、分かっていたさ。小さいのばかり売れるのは。



ラディッシュ36日目

f:id:bluets8:20200405205325j:plain:w400

大きくなったような?
移動させたやつの一部が元気がない。まあダメならダメで。


f:id:bluets8:20200405205348j:plain:w400

この二つだけ膨らみ始めている。他は全然。



大阪杯

ラッキーライラックG1 3勝目。
桜花賞オークスのイメージが強いので、こんなに強い馬だったのかと驚く。
それにしても牡馬が情けない(´・ω・`)



お届き物

「ラストオーダー1 ひとりぼっちの百年戦争」浜松春日(講談社ラノベ文庫

まだ7分程度

桜を撮ってまいりました。

今年の温かさで入学式時期に満開になっていないとは。むしろもう散っていると思ったのに。
開花には温度差が必要なんですってね。へー



f:id:bluets8:20200404210508j:plain:w400
本日のベストショット(たぶん)


f:id:bluets8:20200404210041j:plain:w400


f:id:bluets8:20200404210125j:plain:w400


f:id:bluets8:20200404210443j:plain:w400
左奥に見えるは新東名


f:id:bluets8:20200404210403j:plain:w400
これ以外のアップ写真は 強風でブレブレだった(´・ω・`)


f:id:bluets8:20200404210321j:plain:w400
おや、お花見デートですか?


f:id:bluets8:20200404210156j:plain:w400
こちらには黒いカップルも

「就業規則に書いてあります!」桑野一弘(メディアワークス文庫)

平河東子は大手企業人事部の労務管理。社員皆が健やかな職場環境を作る事にやりがいを感じていた。だが業績悪化でリストラに。叔父の伝で再就職したのは、違法すれすれの労働が蔓延る、下請けのアニメ制作会社だった――!
過剰な労働時間、最低賃金を大幅に下回る月収。日常的なパワハラ、セクハラ、従業員の失踪……。問題だらけの「8プランニング」の労務管理者になった東子は、”アニメの鬼”と怖れられる演出担当・堂島蕎太郎をはじめ、業界の闇と真っ向から対決する羽目に!?


会社の不祥事による人員削減のとばっちりを受けた大手の労務管理をしていた堅物新人・平河東子vs二徹三徹当たり前、アニメに命を懸け自分にも他人にも厳しい“アニメの鬼”の敏腕演出・堂島喬太郎
アニメ業界と労務管理、とことん相性の悪い組み合わせをどう料理するのか、非常に楽しみにしていた作品だったのだけど……。
うーん、舞台設定ミスなのか、あらすじが悪いのか。
第一話はまだ労務管理の仕事の範疇だとは思うけど、第二話第三話は他社の不正を暴く話になっていて、労務管理の仕事ではなくなってしまっている。
それはそれで勧善懲悪な話で痛快ではあるけれど、超絶ブラックなアニメ業界に、どうやってメスを入れるかを楽しみにしていたので、肝心な自社の労働状況が改善されている様子がないのは拍子抜け。
描写がないということは、たぶん改善はしていないだろう。まあ実際問題、業界を下支えする下請けが労基を真面目に守ったら、なんもできなくなるんだけどね。アニメ業界に限らず。
面白くないわけではなかったが、作品の趣旨と自分が読みたかったものが噛み合わなかった。残念。

4/2の雑談

時々ある不眠期間

2日ほどまともに眠れていない('A`)
おかげで2日連続バファリンさんの世話に。
まあ昨晩は強風だったのもあるけれど。



布マスク配布

各家庭2枚って足らんやん。
いやその前に、布マスクって安倍ちゃんがしてる昔ながらのマスクのことかな?
それなら果てしなく要らないんですけど(^^;
そんなことするより他のことにお金使ってくれないかな。



お届き物

「継母の連れ子が元カノだった 4 ファースト・キスが布告する」紙城境介(角川スニーカー文庫