いつも月夜に本と酒

ライトノベルの感想を中心に興味のあることを日々つらつらと書き連ねるブログです。



ライトノベル

「天才王子の赤字国家再生術11 ~そうだ、売国しよう~」鳥羽徹(GA文庫)

「この帝位争奪戦を終わらせます」 兄皇子達の失点を好機と捉え、一気に勝負を仕掛ける帝国皇女ロウェルミナ。しかし兄皇子の陣営には帝国士官学校時代の友人、グレンとストラングの姿があり、彼らもまた起死回生に打って出ようと試みる。 かくして政略と戦…

「天使は炭酸しか飲まない」丸深まろやか(電撃文庫)

恋に悩みはつきものだ。 気持ちを伝える勇気がほしい。意中の相手の好きな人が知りたい。誰かに悩みを聞いてほしい。背中を押してほしい。 そんなやつらの気持ちが、俺には痛いほどわかる。 忘れられない過去があるから。そして、彼らを救える「ちから」があ…

「ひだまりで彼女はたまに笑う。2」高橋徹(電撃文庫)

楓がなくした猫のストラップをいっしょに見つけたことをきっかけに、ふとした仕草やふいに自分に向けてくれる笑顔から楓と仲良くなれたと実感する伊織。 パパラッチと呼ばれ避けられていた頃からの進展に自信を持ち、もっと楓の笑顔を見たい、あわよくば恋仲…

好きラノ2021年下期 投票

好きラノ2021年下期に参加させていただきます。 「隣のクーデレラを甘やかしたら、ウチの合鍵を渡すことになった3」雪仁(電撃文庫) 【21下ラノベ投票/9784049139457】「美少女とぶらり旅」青季ふゆ(富士見ファンタジア文庫) 【21下ラノベ投票/978404074…

「魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい? 14」手島史詞(HJ文庫)

遂にシアカーンと決着をつけたザガン一派は、祝勝&ザガンの誕生日を祝うためにパーティを開く。お祝いムード一色で次第に高まる雰囲気の中、魔女ゴメリは突如言い放った。 「――ここに愛で力定例会を開始する! 」 定例会で語られるストーリーはどれも高すぎる…

12月の読書メーター

読んだ本の数 :10 読んだページ数:3268 今月も少ないギリふたけた! 来年は月平均がこのくらいの冊数になりそう。 今月のベスト2 「ひげを剃る。そして女子高生を拾う。 Another side story 三島柚葉」しめさば(角川スニーカー文庫) 「美少女とぶらり旅…

今年のお気に入り でもその前に

今年の読んだ本は 151冊(漫画雑誌等除く)でした。 減りました。がっつり減りました。だって、どこのレーベルも右へ倣えの同じようなものしか出さないんだもの(´・ω・`)ツマンネ ファンタジーなら、婚約破棄されたり、有能なのにパーティを追い出されたり、やり…

「義妹生活4」三河ごーすと(MF文庫J)

悠太が初めて沙季に「兄さん」と呼ばれて以来、兄妹として進展したかに見えた二人だったが、互いに秘めた想いのせいもあってか、その関係はどこかぎこちなかった。そんな中で、三者面談、オープンキャンパス、男女混合の勉強会など、様々なイベントが訪れ、…

「機械音痴な幼馴染が我が家でリモート授業を受けているのは、ここだけの秘密。」秋月月日(富士見ファンタジア文庫)

「私、友達とか、いない……だから、頼れるのは、重音だけ」 全国どこからでも受けられるオンライン授業を導入した高校に通う文月重音(ふみつき かさね)は、高校入学と共に疎遠気味になっていた幼馴染の常坂枝折(ときさか しおり)からのお願いで、一緒に自宅で…

「美少女とぶらり旅」青季ふゆ(富士見ファンタジア文庫)

忙しない日常から逃れて旅がしたい! そんな望みを、学年一の美少女と叶えられたら? 東京に住む高校生、高橋翔は窮屈な日常に嫌気がさして旅に出ることを決意。駅のホームに着くと同級生、七瀬涼帆の姿があった。思い詰めた様子の彼女を見て、翔は「俺と一緒…

「虚構推理 逆襲と敗北の日」城平京(講談社タイガ)

「それは巨大で、凶暴で、獰猛で、何より場違いな幽霊だった」 警察に呼び出された琴子と九郎。二人と因縁深い桜川六花が、奇妙な連続転落死事件に居合わせ、容疑者になっているという。 六花が二人を前に語ったのは、異郷の野獣キリンの霊による殺戮劇だっ…

「新説 狼と香辛料 狼と羊皮紙 VII」支倉凍砂(電撃文庫)

死者の乗る船が渡来する港町・ラポネルでの騒動を後にして、コルとミューリは再びラウズボーンへの帰路につく。 教会の不正を糺し、王国との争いを収める決意を新たにするコル。賢狼の娘ミューリはというと、理想の騎士冒険譚を執筆するのに大忙しな様子で。…

「異世界転移、地雷付き。6」いつきみずほ(ドラゴンノベルス)

新たな収入源確保のため、高級木材を家具屋に販売することにしたナオたち。しかし、その木材を調達できる場所に行くには、モンスターが闊歩する危険な森を通っていかなければならない。ナオたちは培ったチームワークでミッションを成し遂げられることができ…

「時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん3」燦々SUN(角川スニーカー文庫)

討論会で勝利したことで一躍、クラスメート達からの称賛を浴びるアーリャ&政近ペア。沙也加の思いを背負い、二人は会長選に向け決意を新たにする! まずは目の前の期末試験に向け勉強に励む政近であったが、消し去れぬ周防家との因縁が思わぬ形で現れ、政近は…

「ひげを剃る。そして女子高生を拾う。 Another side story 三島柚葉」しめさば(角川スニーカー文庫)

三島柚葉はずっと片想いをしている。片思いの相手である吉田の家に同居していた女子高生は、少し前に北海道へ帰った。しかしいつまで経っても心ここに在らずの吉田に呆れた三島は、残業上がりに強引にレイトショーへと連れ出した。 映画に感情移入して涙を流…

「ノーゲーム・ノーライフ11 ゲーマー兄妹たちはカップルにならなきゃ出られないそうです」榎宮祐(MF文庫J)

ゲームで全てが決まる世界【ディスボード】――突如、見知らぬ部屋で目覚めた空と白、ステフとジブリール、イミルアイン。前後の記憶さえなく混乱する彼らの前に現れたのは、位階序列・第九位『妖精種』フォエニクラムだった――! 「はぁいみんな!! あたい個人配…

「海鳥東月の『でたらめ』な事情」両生類かえる(MF文庫J)

「財布? 携帯? ぜんぜん違うよ。私が盗まれたのは――鉛筆さ」仲良しのクラスの女子・奈良芳乃(ルビ:ならよしの)から突如、謎の相談を受けた海鳥東月(ルビ:うみどりとうげつ)。だがそれは奇妙奇天烈な事象の始まりに過ぎなかった。海鳥の自宅に現れた謎のネコ…

11月の読書メーター

読んだ本の数 :9 読んだページ数:2736 ひとけた! いやもうマジで読みたくなるタイトルがなくてですね。 ラノベの数も減ってるんだけど、それ以上に買わなくなったのがライト文芸。本当に似たようなジャンル・テーマの作品しか出ないんだもの。あれじゃ食…

「ここでは猫の言葉で話せ」昏式龍也(ガガガ文庫)

寒い国からやってきた小さな転校生アーニャことアンナ・グラツカヤには、誰も知らない二つの秘密があった。一つは、ロシアの犯罪組織に属した殺人マシーンであったこと。もう一つは、猫アレルギーの猫嫌いなのに、その猫をモフらなければ自分が死ぬ……という…

「負けヒロインが多すぎる!2」雨森たきび(ガガガ文庫)

夏休み後半。たまたま喫茶店でだべっていた俺と八奈見は、驚くべき光景を目にする。焼塩と、その思い人である綾野が2人きりで会っていたのだ。さらには、2人を尾行する綾野のカノジョ――“勝ちヒロイン”朝雲千早ともニアミスしてしまう。 「私は光希さんと焼塩…

「時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん2」燦々SUN(角川スニーカー文庫)

「す、好き? 好きって、え? 違うのよ。ちがうぅぅぅ~!」 「なぁ~にが『支える』だよ。あ゛ぁ~俺マジでキモイ痛い!」 黄昏時の校庭での密事。互いに煩悶するアーリャと政近であったが、二人はコンビを組んで会長選を戦い抜くことを約束する。 圧倒的なカリ…

「時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん」燦々SUN(角川スニーカー文庫)

「И наменятоже обрати внимание」 「え、なに?」「別に? 『こいつホント馬鹿だわ』って言っただけ」「ロシア語で罵倒やめてくれる!?」俺の隣の席に座る絶世の銀髪美少女、アーリャさんはフッと勝ち誇った笑みを浮かべていた。……だが、事実は違う。さっきの…

「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン XI ―フィフス・スクワッド・ジャム 〈上〉―」時雨沢恵一(電撃文庫)

SHINCとの合同チームで挑んだクエスト《ファイブ・オーディールズ》。その壮絶なバトルから間髪入れず開催が発表された第5回スクワッド・ジャム。 スポンサー作家によって課せられる今回の特殊ルールは『ゲーム途中で、チームメイトが運ぶ別の装備一式にスイ…

「続・魔法科高校の劣等生 メイジアン・カンパニー (3)」佐島勤(電撃文庫)

FEHRとの提携交渉のためUSNAへ向かう真由美と遼介。優秀な魔法師の海外流出を防ぐために海外渡航が自粛されている中での渡航。自粛を要請している国防軍への挑発行為と受け取った情報部は、国を牛耳る陰の組織、元老院へ助力を求める。 しかし、国内に残る達…

「異世界食堂 6」犬塚惇平(ヒーロー文庫)

オムニバス形式のエピソード集としてお届けする待望の第6巻。 時に森の中に、時に海岸に、時に廃墟に……その扉は現れる。 猫の絵が描かれた樫の木の扉を開けて「いらっしゃいませ」の声に導かれて歩を進めると、窓もないのに不思議と明るい部屋の中。古いなが…

「迷探偵の条件1」日向夏(MF文庫J)

真丘家の男子は十八歳までに運命の女性に出会わなくてはならない。でないと、十八歳で必ず死ぬ。つまり本日、十七回目の誕生日を迎えた俺・真丘陸にはあと一年の猶予しかないということである。しかし、その残念な運命を回避するには厄介な体質が俺にはあっ…

10月の読書メーター

読んだ本の数 :13 読んだページ数:4179 先月と同数。ページ数はやや多い。 来月マジで買うものないんだけど、どうしよ(^^; 今月のベスト2 「隣のクーデレラを甘やかしたら、ウチの合鍵を渡すことになった3」雪仁(電撃文庫) 「月とライカと吸血姫7 月…

「ロクでなし魔術講師と追想日誌9」羊太郎(富士見ファンタジア文庫)

学院の情資料で下着泥棒事件が多発!? 女体化したグレンが犯人に迫る!-『レーンの受難』。よるの学院で1人ずつ消えていく生徒たち。「首なし騎士」の仕業という噂にグレンは震えあがり-『嵐の夜の悪夢』。人間とのデートに興味津々なナムルス。グレンが彼…

「月とライカと吸血姫7 月面着陸編・下」牧野圭祐(ガガガ文庫)

東西二大国による月面着陸への共同計画「サユース計画」が着々と進む。共和国宇宙飛行士レフはイリナへの想いを告げることを決心、イリナとともに彼女の故郷の村へと赴く。一方、連合王国のバートとカイエは、共和国製宇宙船を連合王国製コンピュータで制御…

「変人のサラダボウル」平坂読(ガガガ文庫)

貧乏探偵、鏑矢惣助が尾行中に出逢ったのは、魔術を操る異世界の皇女サラだった。なし崩し的にサラとの同居生活を始める惣助だが、サラはあっという間に現代日本に馴染んでいく。一方、サラに続いて転移してきた女騎士リヴィアは、ホームレスに身をやつしな…