いつも月夜に本と酒

ライトノベルの感想を中心に興味のあることを日々つらつらと書き連ねるブログです。



甲子園

第104回全国高校野球選手権大会 第11日

第一試合 下関国際(山口) 9-3 浜田(島根)序盤にリードを広げた下関国際が快勝。 投げてはエース古賀が6回1安打無失点の快投。二番手松尾は誤算だったが、難なく逃げ切り。 浜田は先発波田が不調で3回6失点K.O.。二番手森井が試合を作り終盤は反撃もしたが…

第104回全国高校野球選手権大会 第10日

第一試合 明秀日立(茨城) 4-5 仙台育英(宮城)勝ちに不思議な勝ちありで仙台育英の勝利。 明秀日立の監督が酷い左右病だった……。相手打者の左右で左腕石川と右腕猪俣、ピッチャーとライトを何度も入れ替え。あれでは投手はもちろん守備だって集中できない…

第104回全国高校野球選手権大会 第9日

第一試合 横浜(神奈川) 2-3 聖光学院(福島)点数差は1点しかなかったが、それ以上の実力差を感じる聖光学院の勝利だった。 エース佐山は低めの両コーナーに投げ分ける素晴らしいコントロールで5安打2失点完投。守備もノーエラーでその好投に応えた。打って…

第104回全国高校野球選手権大会 第8日

第一試合 有田工(佐賀) 3-5 浜田(島根)6回に集中打で勝ち越した浜田が逃げ切り勝ち。 浜田は立ち上がり以降は内安打しか打たれていなかった先発波田を5回でスパッと交代。これが功を奏したか。 有田工は敗れはしたが、珍しい投手で一番打者の塚本が投げて…

第104回全国高校野球選手権大会 第7日

第一試合 明豊(大分) 7-5 一関学院(岩手)取って取られてのシーソーゲームは、9回に突き放した明豊の勝利。 どちらも作ったチャンスは卒なく得点していく打の集中力が高い試合で、見応えのある好ゲームだった。 長打力の面でやや明豊の方に分があったのと…

第104回全国高校野球選手権大会 第6日

第一試合 仙台育英(宮城) 10-0 鳥取商(鳥取)前半こそランナーが出てもホームが遠い仙台育英だったが、6回の初得点を皮切りに一気の攻勢。6回と8回に5点ずつ取って完勝。 鳥取商は粘りの守備で5回まで0-0。これはひょっとすると?と思ったのだが。攻撃…

第104回全国高校野球選手権大会 第5日

第一試合 大阪桐蔭(大阪) 6-3 旭川大(北北海道)大阪桐蔭が苦しみながらも逆転で2回戦へ。 誰もが大阪桐蔭の大勝を予想した試合で、一時は3-0とリードし王者を追い詰めた旭川大。後半、攻守でミスが出てアンラッキーも重なって結局破れてはしまったが、そ…

第104回全国高校野球選手権大会 第4日

第一試合 三重(三重) 2-4 横浜(神奈川)終盤まで1点を争う接戦は、横浜が4安打ながら少ないチャンスを生かして逃げ切り勝ち。 横浜は二年生左腕杉山がコントロールと安定感で言えば阪神に行った及川以上の逸材で頼もしい限りなのだが、打線が頼りない。ど…

第104回全国高校野球選手権大会 第3日

第一試合 海星(長崎) 11-0 日本文理(新潟)こんなに点数差がつくほどの実力差は感じなかったが、試合の流れとは恐ろしい。 あえて理由を挙げるなら、日本文理のエース田中が2回から指先を気にしていた事と、守備の際、球際に強かったのは間違いなく海星だ…

第104回全国高校野球選手権大会 第2日

第一試合 八戸学院光星(青森) 7-3 創志学園(岡山)八戸学院光星が12安打1四球1エラー、創志学園が11安打4四死球1エラーと出したランナーに差はなく、チャンスはむしろ創志学園の方が多かったくらい。しかしチャンス/ピンチでの集中力と落ち着きで大きな差…

第104回全国高校野球選手権大会 第1日

甲子園開幕!O(≧∇≦)Oイヤッフーッ 第一試合 日大三島(静岡) 3-10 国学院栃木(栃木)4回表まで3-0。完全な日大三島のペースだった。 しかしその裏、国学院栃木の攻撃一死一三塁で、完璧な併殺打コースのショートゴロをまさかの後逸。これですべてが変わった…

第94回選抜高校野球大会 第11日

決勝戦 近江(滋賀) 1-18 大阪桐蔭(大阪) 案の定、気の毒な決勝戦に。センバツ決勝での大差は割とよくあることだから。2006年(21-0)よりマシだから(震え声) 大阪桐蔭の打棒が今日も炸裂。16安打4本塁打で18得点。どれだけ打てば気が済むのかと。投げ…

第94回選抜高校野球大会 第10日

第1試合 浦和学院(埼玉) 2-5x 近江(滋賀)(延長11回) 延長11回、八番大橋の劇的サヨナラスリーランで近江が決勝へ。 デッドボールを受け、足を引きずりながらも最後まで投げ切ったエース山田の力投に女房役が答えた。 浦和学院は当ててしまった負目なの…

第94回選抜高校野球大会 第9日

第1試合 浦和学院(埼玉) 6-3 九州国際大付(福岡)浦和学院が一発攻勢で九州国際大付を撃破。 1-1の6回に二番伊丹のソロホームランで勝ち越すと、同点に追いつかれた8回には四番鍋倉のスリーランで勝ち越し、勝負を決めた。 まだ大会5号(この試合の時点で…

第94回選抜高校野球大会 第8日

第1試合 星稜(石川) 6-2 大垣日大(岐阜)序盤から得点を重ねた星稜が試合を終始優位に進めて順当にベスト8へ。 ずっと星稜が攻撃していたような印象なので、思いの外点差がつかなかったなと。 大垣日大は守備の乱れで守る時間がより長くなったのが最大の敗…

第94回選抜高校野球大会 第7日

第1試合 近江(滋賀) 7-2 聖光学院(福島)代打出場の近江がベスト8進出。 心配されたエース山田は今日も元気に先発。しかも13回投げた前の試合の半分程度の87球の省エネで完投。打線も13安打7得点と活発で、投打に勝った勝利だった。 聖光学院は相手のミス…

第94回選抜高校野球大会 第6日

第1試合 鳴門(徳島) 1-3 大阪桐蔭(大阪)大阪桐蔭が4年ぶりの初戦突破。 左の好投手に苦しみながらも少ないチャンスを確実にものにする集中力は流石王者。 それにしても鳴門の富田君はいいピッチャーだった。左腕ではNo.1では? もっと見たかった。一回戦…

第94回選抜高校野球大会 第5日

第1試合 花巻東(岩手) 4-5 市和歌山(和歌山)今大会No.1の強打花巻東打線vs今大会屈指の好投手市和歌山米田の対決は米田の勝ち。 米田は8回まで5安打1失点、強力打線を力でねじ伏せる力強いピッチング。9回こそ疲れて1点差まで詰め寄られたが、リードは…

第94回選抜高校野球大会 第4日

第1試合 国学院久我山(東京) 4-2 有田工(佐賀)効率的かつ効果的に小刻みに得点を重ねた国学院久我山が逃げ切った。 ほとんど実力の差は感じなかったが、四死球とエラーが少なかった国学院久我山が順当に勝ったという印象。 国学院久我山初勝利なのか。意…

第94回選抜高校野球大会 第3日

第1試合 山梨学院(山梨) 1-2x 木更津総合(千葉)(延長13回)これぞ投手戦。 山梨学院と木更津総合の意地の張り合い。決着は満塁策が裏目に出て押し出しとなってしまったが、最後まで息詰まる熱戦だった。ナイスゲーム。 それに比べて両チームの打線の情け…

第94回選抜高校野球大会 第2日

第1試合 広陵(広島) 9-0 敦賀気比(福井)広陵完勝。名門校同士の対決は予想外の大差がついた。 これは強い。優勝候補に挙げられるだけのことはある。走攻守投、全てにおいて広陵が一枚も二枚も上手だった印象。 ミスジャッジを認めて謝罪した審判、素晴ら…

第94回選抜高校野球大会 第1日

第1試合 浦和学院(埼玉) 4-0 大分舞鶴(大分)エース宮城が2安打完封で浦和学院が快勝。 浦和学院は序盤の攻撃が噛み合わずに走塁死を重ねていたので、監督が代替わりしてもやらかしは健在か?と苦笑していたが。中軸の打力に救われましたね。 大分舞鶴は打…

センバツ出場校決定

第94回センバツ出場校発表 - スポーツナビ 東海大会準優勝の聖隷クリストファーがまさかの落選。 理不尽。あまりにも理不尽。 地方大会の結果を並べてみると、○岐阜大会決勝 中京 2-0 大垣日大○東海大会 2回戦 聖隷 4-3 中京(岐阜1位) 大垣日大 3-…

第103回全国高校野球選手権大会 第15日

決勝戦 智弁和歌山(和歌山) 9-2 智弁学園(奈良)智弁対決の決勝は智弁和歌山が完勝で三度目の夏優勝を決めた。 随分待たされてからの初戦で、その鬱憤を晴らすかのように上り調子だった智辯和歌山。一方、初戦から強さを見せていたが、準々決勝準決勝と調…

第103回全国高校野球選手権大会 第14日

第一試合 近江(滋賀) 1-5 智弁和歌山(和歌山)1回表に幸先よく2点先制した智弁和歌山が試合を終始優位に進めて快勝。 近江は前半こそ点が取れそうな雰囲気があったが、後半全く打線が振るわず、内安打一本だけでチャンスすら作れなかった。 智弁和歌山は2…

第103回全国高校野球選手権大会 第13日

第一試合 京都国際(京都) 3x-2 敦賀気比(福井)京都国際が逆転サヨナラ勝ちでベスト4。 死球合戦。数は2個ずつだが、それ以外にファールになったもの、避けたけど頭の方にいったもの多数。 特に悪質だったのは京都国際5回表の守り。バントのシーンでシュー…

第103回全国高校野球選手権大会 第12日

第一試合 日本航空(山梨) 1-7 智弁学園(奈良)終わってみれば智弁学園が快勝。 日本航空は5回まではリードの展開も後半力尽きた。 日本航空エースのヴァデルナが無失点なのに投球数がどんどん増えて、追い詰められていく感じ。智弁学園打線の圧力が凄かっ…

第103回全国高校野球選手権大会 第11日

第一試合 二松学舎大付(東東京) 4-6 京都国際(京都)(延長10回)左の好投手の対戦だったが、結果的にはホームランが四本も飛び交う打ち合いの試合に。 9回裏1アウトから起死回生の同点スリーランで二松学舎大付が勢いに乗ったと思ったんだけどなあ。レフ…

第103回全国高校野球選手権大会 第10日

第一試合 大阪桐蔭(大阪) 4-6 近江(滋賀)1,2回で大阪桐蔭が早々に4点を取って試合を優位に進めるかと思われたが、3回からは完全な近江ペース。じわじわと点差を詰め8回ついに逆転、勝利を掴んだ。 大阪桐蔭は3回から打線が沈黙し結局5安打しか打てず、投…

第103回全国高校野球選手権大会 第9日

第一試合 明桜(秋田) 2-8 明徳義塾(高知)明桜エース風間、初回から力みまくり。2回0-0の時点で明徳の大勝を確信した。 ただ、もっと大差になると思っていた。8安打に10四死球も貰って8点。小技と相手のミスの得点の方が多い。監督采配は流石だがやっぱり…