いつも月夜に本と酒

ライトノベルの感想を中心に興味のあることを日々つらつらと書き連ねるブログです。



烏合の衆(今週のアニメ感想)

宇崎ちゃんは遊びたい! 第4話 連休は一緒に遊びたい!

暗殺者と言うよりるろ剣の縁だね=眼鏡。
駅名がやる気ねえwww
雨の日にお家デート、彼女の手料理付き。どこがダメな大学生なんだ? 健全な若いカップルの図にしか見えんぞ……羨まけしからん!


魔王学院の不適合者 ~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~ 第5話 転入生

強い仲間が出来ました。話の流れとしては剣豪の転生なんだろうけど、顔は勇者の方が近いような?
その転校生が(当シリーズ比で)癖のないキャラだったので、前半の腐女子たちのインパクトが強かった。
訳「白服(混血)の御輿になってよ」という不躾な願いにも、覚悟を示せと無下にはしない優しい魔王様。似たような要請を速攻で拒否った某お兄様との器の違いを見せつける。さすまお! まあ、某お兄様は他人に興味がないからな。
ただ、リーダーらしい子は力を示そうとしてたけど、群れてただけの残りの人たちは不合格じゃないかな(^^;


ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld #16 コード871

極秘のコード名を自分だと分かる番号にする奴なんておらんやろ(´・ω・`)
前回とほとんど状況変わらず。申し訳ないが完全に間延びしてしまっている。でもまあ、アリシゼーション編の後半は現世に戻ってからが本番みたいなとこあるから。
場面はコロコロ入れ替えないで、同じ場面のシーンは長くやった方が視やすいと思う。

8/8の雑談

ギブアップ

今年2度目の夜エアコン。
温度は昨日の方が高かったのだけど、昨日は良い風が入ってきたので問題なく過ごせた。
しかし今日は無風。これは無理。
週間天気予報の気温の数字が全て赤い(平均+2℃以上)のが恐ろしい……。



ニュースもストレス

こんな時期の帰省や旅行でTVでインタビューを受けている人たちの言い分があまりに自分勝手で腹が立つ。
よく自分の顔を晒して、堂々と人の迷惑を考えないことを言えるな。
ああ、そのぐらい無知か無神経でないとTVに顔なんて出さないか。



お届き物

「豚のレバーは加熱しろ(2回目)」逆井卓馬(電撃文庫
りゅうおうのおしごと!13」白鳥士郎GA文庫


4冊注文中2冊着。
相変わらず同レーベルが別々に送られてくるのが謎である。

J1 第9節

清水 3-1 札幌


今季二勝目!
守備の要ヘナト神、攻撃陣のシュートの下手くそさを見兼ね、自らのゴールで勝利を呼び込む。もう頭が上がりません。
前の方の人達とエウシーニョさんはふかさないシュートの練習をしてきてください。
ヘナトがいない/機能しない=負け、ヘナトが機能する=勝ちor引き分け。非常に分かりやすいチームになってるな(^^;

8/7の雑談

立秋

暦上では今日から秋だそうですよ。
今日、静岡市は37.1℃だったそうで。残暑厳しいざんs(ry
夏はこれからが本番(´・ω・`)



アクセス数

昨日、さとえさんが話題にしてて、そういえばアクセス解析なんてのあったなと、久々に開いてみた。
ブログ移行直後はちょくちょく覗いていたけど、ここ半年は1度も見たことが無い。
さほど興味がないので、わざわざどこかに移動しないと見られないというその一手間が億劫になるのよね(^^;


f:id:bluets8:20200807202300j:plain
↑画像をポチっとして見てね↑


ふぁ!?
7/19に何があった?



リッチ

最寄りのドラッグストアからデルモンテのノーマルのトマトジュースが姿を消しました。ガッデム!
もう近隣で有塩トマトジュースを置いているところがほとんどありませんorz
ワタクシ、有塩トマトジュースは大好きですが、無塩は大嫌いです。トマトジュースが微妙に甘いのって気持ち悪くないですか?
そんなにがぶがぶ消費するものでもないので、この際高いのでもいいかといくつか試したところ、
唯一飲めたのがこれ。


デルモンテ リコピンリッチ

ほのかな苦みがよいですね。
そしてやっぱりデルモンテか。カゴメは私の口には合わないようだ。

ちなみに試しで飲めなかった奴らは、ソルティドッグ風にしたりコンソメ入れてトマトスープにしたりして消費されました。

「ひげを剃る。そして女子高生を拾う。4」しめさば(角川スニーカー文庫)

家出JK・沙優とサラリーマンの吉田、2人の同居生活は沙優の兄・一颯が訪ねてきたことで突然終わりを迎えることに。家に連れ戻されるまでに与えられた猶予は、たった1週間。吉田が自分にそうしてくれたように、自分自身としっかり向き合いたい。
イムリミットを前にして、沙優はゆっくりと口を開いた。
「聞いてほしい。私の……今までのこと」
学校のこと、友達のこと、家族のこと。沙優が何故家出をして、こんな遠く離れた街までやってきたのか。そして吉田と暮らした日々で、彼女が得たものとは――。サラリーマンと女子高生の同居ラブコメディ、急展開の第4巻。


沙優の兄に見つかり、ついに吉田さんがお縄に?な4巻。
……嘘です。ごめんなさい。ボケられるところがここくらいしかないくらいの全編シリアス回。沙優が自分の口で家出の原因を語る重要な物語。
明かされた真実は、、、予想以上にヘヴィだった。
学校内の友好関係 家庭の状況、親との関係。一つ一つは予想の範囲を超えるものではなかったけれど、それが複雑に絡み合って相乗効果で沙優に襲い掛かっている感じ。彼女がどんなに追い詰められた家出をしたのか、逃避行の果てに吉田と出会ったのがどれだけ幸運だったのかを、強く印象付ける話になっていた。
その後、重点的に書かれるのは当然、別れの日が近づいて悩む二人の様子。
沙優も吉田も生きることにとことん真面目だな、と。その真摯な姿勢が好ましいと思う反面、危うさも感じてしまう。
楽な方に流されていく生き方は自分を駄目にするという考えはよくわかる。でも、自分の欲求を律し続ける生き方も、それはそれで人間らしくないと思うんだ。我慢しすぎるとは人は壊れるぞ。なんて悟れる(諦める?)ようになるにはまだまだ若いよな。などと思うおっさんであった。
次回、二人で“決戦の地”へ。
吉田さんは次こそ男を見せてくれるんだろうか。何せ、いつも考えすぎで傍目にはうじうじしているように思えてしまうので。 
みんなが笑顔になれる決着だといいな。