いつも月夜に本と酒

ライトノベルの感想を中心に興味のあることを日々つらつらと書き連ねるブログです。



念願の(今週のアニメ感想)

かぐや様は告らせたい?~天才たちの恋愛頭脳戦~ 第7話「かぐや様は脱がせたい」「かぐや様は出させたい」「白銀御行は読ませたい」「かぐや様 アクアリウム

1話:下着!にサザエさんに「変態じゃない!」 詰め込み過ぎだろ!こんなん笑うわwww ポリシーの無い石上君は人間性がペラペラですね。
2話:出て来る単語は科学的なのに内容は幼稚な下ネタっていう。3Pのお誘いは素人のミコちゃんには厳しかったかー。
3話:圭ちゃんシャンプーハット!? 実際問題ネタバレなしに作品の魅力を語るのは難しいよね。で、結局読むんかーい。
4話:3話の流れから、少女漫画風かぐや様。会長の行動はまだ普段の延長戦だけど、石上は誰だよw 



イエスタデイをうたって scene08 イノセント・ブルー

陸「どうしていのかわからん」←ほんとそれ
押せば躱し引けば離れたままでしょ、あの人。同僚先生の呆れるのも当たり前。
それに比べて、そっと見守って時々一緒に帰るだけのハルが重いわけがない。
よく見たら新EDの裏で流れてるゲームの最後が残酷だった;;



本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第二十二章『ヴィルマと子供用聖典

ついについに本が完成。マインの感無量の涙にジーンときた。
ところで、インクの試行錯誤をするって言っていたのにいきなり答えに辿り着いているんだけど。尺の問題かな。
赤ちゃんに受けそうにない赤ちゃん絵本より、ちゃんとした製図用テンプレートが出来ていることに驚く。四角三角はともかくあの円を彫って作ったの?

(見かけは)出来る人々(今週のアニメ感想)

かぐや様は告らせたい? ~天才たちの恋愛頭脳戦~ 第6話 「伊井野ミコを笑わせない」「伊井野ミコを笑わせたい」「かぐや様は呼ばれない」

1話:誰だこの有能女史!? 最近ポンコツな姿しか見ていなかったから新鮮だ。
2話:誰だこのイケメンたち!? 「言ってみ」カッコいい~ これはかぐや様でなくても落ちますわ。
3話:「禿同」懐かしい。かぐや様の〇マーク、お金=「私、安くないですよ」ってことかと思った私は汚い大人。しかしこの生徒会、性格に難のあることを自覚している人材しかいないのなw


イエスタデイをうたって scene07 恋人たちの予感

陸生は意外と浪くん買ってるみたいだけど、今回は言い分といい一人になりたいしな子のサインが読めないところといい、完全にガキだった。その所為でしな子が変に暴走を……。ま、ヘタレコンビなので何もありませんがね。
EDが変わってる!


本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第二十一章『新しい側仕え』

楽器とわがまま娘の回。
神官長歌うんかーい。速水ボイスで甘く歌われたら、女子はイチコロでしょう。しかし、本人は幼女に寝具を送るのであった……おいたわしや
チューリップを弾きかかっていたように、知ってる曲を披露したら作曲の才能も?っていう転生ものの定番の展開になりそうだけど、本にしか興味のないマインはやらないだろうね。

金髪の難(今週のアニメ感想)

かぐや様は告らせたい? ~天才たちの恋愛頭脳戦~ 第5話 「白銀御行はモテたい」「柏木渚は慰めたい」「白銀御行は歌いたい」「かぐや様は蹴落としたい」

1話:誰だお前www あれクマだったのね。
2話:渚ちゃん、汚れちまったなあ……。かぐやちゃんのそれは病気だw
3話:特訓再び。なんだかんだハイスペックかつ面倒見のいい藤原。普段の言動が良ければパーフェクトヒロインなのに。 
4話:別に小細工しなくてもミコちゃんに勝ち目ないのに。かぐや様ちょろかわいい。


イエスタデイをうたって scene06 ユズハラという女

当て馬女性版(こら
湊くんに比べるとそういえばこんな人いたなーって感じ。関係者が多い浪くん周りの人達は結構覚えてるんだけど。まあ、陸生だからしゃーない←
orz 綺麗な失意体前屈でしたねw 先生方に攻められるしな子は可愛かった。


本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第二十章『ルッツの行く道』

何故ルッツが謝らなければならないのか。納得がいかない。
子供がこんなに怒っているのに、ちゃんと説明しない親の方が悪い。
親だろうがどんなに仕事が出来ようが、こういう自分の思っていることは全部相手に伝わっているとタイプの人間は大っ嫌い。こっちが察してやってそれで当たり前の顔されるとさらに腹が立つ……おっと私生活の愚痴が出てしまった。ちなみに家の親のことではありませんよ。
とにかく今回は不愉快だった。いい話風に締められているけど、全くいい話とは思えない。

沈黙は辛いよ(今週のアニメ感想)

かぐや様は告らせたい? ~天才たちの恋愛頭脳戦~ 第4話 「早坂愛はオトしたい」「かぐや様は告ら“れ”たい」「伊井野ミコは正したい」

1話:ハーサカはあざといだけで「うわぁ」って感じだのに、断られた後の早坂はべらぼーに可愛い。
2話:恋バナ大好き藤原だけが場の空気が分かっていないって状況なんてあり得るのか?
3話:2期の目玉(たぶん)伊井野ミコ初登場。まあ今回は藤原の過去の方がインパクトあったけど。何故ああなってしまったのか……。


イエスタデイをうたって scene05 ミナトという男

あいたたたた。ミナトくんってこんな痛い子だったっけ?
俺だったら家に帰って一人になったらベットの上で悶絶しそうなことを連発。全てやり切って颯爽と退場していった。
若いっていいなー。


本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第十九章『大掃除と星祭り』

孤児院大改革……は終わってた。ました工法かな?w
それより下手すると市中の平民より良い暮らしになっているような。ここまで派手にやってるのに、あの業突爺がなにも言ってこないのが怖いな。
荒ぶる鷹のポーズみたいなのは何回見ても笑う。

=△=(今週のアニメ感想)

ゆるキャン△ 【一日限定公開】新作アニメーション『SPECIAL EPISODE サウナとごはんと三輪バイク』

4/29につべでやってた。
●REC
サウナのリンちゃんがギャグ顔でも色っぽい。
あとは三輪バイクCMアニメだった。


かぐや様は告らせたい? ~天才たちの恋愛頭脳戦~ 第3話 「白銀御行は見上げたい」「第67期生徒会」「かぐや様は呼びたくない」

生徒会解散で3話にして最終回のようなノリ。そして今期も3話で特別ED。
え?十五夜の団子をその場で煮るの? お供えした後に調理するのは分かるけど、その場で煮るのは初めて見た。
ドギマギかぐやちゃんかわいい。でも会長無自覚かよー。自覚的に攻め攻めになって欲しかったわ。でもまあ、後半は自覚してたから許す。
かぐや様にナチュラルに省かれる藤原w


イエスタデイをうたって scene04 川は流れて しな子帰郷

亡き想い人/兄に縛られる人たち。
何でもかんでも兄と比べられる下の子の辛さよ。それが好きな人にされるとなると堪らない。
こうしてストーリーを頭からおさらいすると、しな子先生の好感度がどんどん下がっていく……。


本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第十八章『孤児院の大改革』

孤児院、地獄だった。前回の話ちゃんと伏線になっていたのね。
責任を取る決心をした理由がマインらしくて好きだ。読書バカが極まってますわ。
でも、楽しい読書時間に雑念が入ることに腹が立つのはよくわかる。