いつも月夜に本と酒

ライトノベルの感想を中心に興味のあることを日々つらつらと書き連ねるブログです。



「継母の連れ子が元カノだった3 幼馴染みはやめておけ」紙城境介(角川スニーカー文庫)

いさなの告白叶わずも、すんなりと親友同士に戻った水斗といさな。相変わらず近い二人の距離感に、心がざわつく結女だったが――そんな彼ら以上に、理解できない二人がいた。南暁月と川波小暮である。幼馴染み同士なのに、顔を見る度にいがみ合い……。暁月たちの仲直りを望む結女、そして二人の過去を察した水斗は、いさなを巻き込んで一役買うことに!?
きたる勉強合宿。かくして暁月と川波は、黒歴史《おもいで》に向き合うことになる。あの頃のあだ名で呼び合い、恋人ごっこをさせられて。それはただの“罰ゲーム”なのに、どうしてもお互いを意識してしまうこの二人も――元恋人同士なのである!!


タイトル通りに幼馴染み同士の南暁月と川波小暮の話がメインの3巻。
3巻くらいでサブキャラの掘り下げがあるのは良くある話だが、この二人は引っ掻き回し役とサポートに徹する友人役だと思っていたので、二人が掘り下げられるのは意外。
いさなが結女の焚きつけ役に収まりそうなので、南の存在感が薄くなりそうなのはちょっとあるかな。
今回は話の内容的に伊理戸兄妹の影が薄めながら、いさなの無自覚スキンシップやずぼらな甘えに、ちょくちょく対抗していく結女ちゃんが可愛かった。
まあ、そんなことより幼馴染みの話ですよ。
「幼馴染み」という枠に、周りの目によってはめ込まれていき、歯車が狂っていく二人の関係性。拗れて壊れた結果は知っていたけれど、その原因は色々な要因が重なっていて遣る瀬無く、悲しくなる話だった。壊れた最大の元凶となった南の依存心の強い性格も、家庭環境の影響を考えると、彼女ばかりは責められない。川波のほうも割と……というか、このシリーズの主要キャラ5人、みんな闇が深いよね(^^;
ブコメという枠を飛び越えて、人間関係のままならなさや、人の目や同調圧力などの場の空気の怖さを感じる話だった。
次からはまたメイン二人の話になるになるようで。一つの失敗例を見せてからの展開がどう転がるかに期待。

「スーパーカブ6」トネ・コーケン(角川スニーカー文庫)

高校生最後の日、卒業式。小熊、礼子、椎の3人は窮屈な式典の終わりを合図に、ポケットからカブのキーを取り出した。高校生から大人になるまでの、短い猶予。それを目いっぱい使って、自分たちがこれから暮らす街・東京を知るために3人はバイクを走らせる。有料の駐輪場、密度の高い建物群、夜になっても明るい道。東京の街は刺激的でなにもかもに圧倒されそう。
「道は走りながら決めればいい。だってそのほうが面白いから」
自分たちが見つけた、それぞれの未来。その分岐点はきっとすぐそこ。分かれ道までほんのひと時を、カブとカブで繋がる誰より近い2人の友達と走る、小熊の卒業旅行。


高校で仲良くなった小熊、礼子、椎。3人が別々の道を選び、これから小熊と椎が暮らす東京を知り、お世話になった山梨に別れを告げる。高校生編・完、なシリーズ第6弾。

未知の地・東京をくまなく走り尽くす三人の卒業旅行がメインの回。……まだ大学生にならないのか(^^;
三人が自分のカブに乗って東京を走り回り、カブに乗っている時間が話の大半を占めているので、びっくりするほど会話がない。ラノベとは思えないほど会話がない。
それぞれに自分を持っている三人の旅らしいとは思うのだけど、話の内容が小熊による時間帯と地域差における東京の交通事情の考察がメインになっていて、それを延々と読まされるのは正直退屈。東京人なら道路事情あるあるネタで楽しめたりするのかな? 田舎人は完全に置いてけぼりだった。
その点、最後にもう一度山梨に戻ってからの話は良かった。
お世話になった人への挨拶と、馴染んだ場所や道への感謝、南アルプスへの惜別。やっと卒業編らしくなって感慨に浸れる。中でも恵庭一家の温かさが沁みた。
それにしても、パワフルなお嬢さんたちだ。
行き先はおろか、その日の宿も決まっていない旅なんて不安ばかりが先に立って、自分には逆立ちしても出来そうにないので、彼女たちを尊敬する。憧れはしないけど。
次から今度こそ大学生だろう。新しい出会いが楽しみ。でも、旅に出る礼子はともかく椎は何かにつけて小熊に会い来たり呼び出したりするんだろうな。

12/4の雑談

FNS歌謡祭

久しぶりにスポーツ以外で長時間テレビ視てる。
まあ、興味のないところでは消音にして読書してるんだけど。誰かとのコラボならいいけど、単独で自分の曲歌うのは別の番組でやってくれと思う。ジャニとか46とかEXILEグループとか。

LA DIVAのQUEENは鳥肌ものだった。クリスマスソングでも他を圧倒してたし、なんだあの神グループ。
蒼井翔太ってTVでるんだ。ん?声優業なんてしてたっけ?
平井堅は歌がどうこうよりも衣装のインパクトが強すぎてw
超大物新人アニソン歌手キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!


お届き物

異世界からJK転生した元妹が、超グイグイくる」はむばね(HJ文庫
「継母の連れ子が元カノだった3 幼馴染みはやめておけ」紙城境介(角川スニーカー文庫


やっときた。

ダメな大人(今週のアニメ感想1)

ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld #07 失格者の烙印

整合騎士たちの戦い編
レンリの過去編に疑問が。武器の寿命も天命値で決まるこの世界であんな事故起こる?
おじ様強すぎぃ! 先週から準備していたアリスと戦果があまり変わらないような。
人間側が優位なのはここまでかな。


ライフル・イズ・ビューティフル 第7話『スタディ・イズ・ハード』

大会後のファミレスまでスポーツ×青春でいいですねえ。
ところで、一人だけ出る作品を間違えてる人が居るんですが(^^;


ぼくたちは勉強ができない! 第9話 最愛の星に[x]の名を(前編)

文乃回。
あの迷惑教授が父だったのか(^^; 妻の死で娘を顧みなくなったのかと思ったら、葬式の時からクズだった。ダメだこいつ。成幸にはもっと強く出て欲しかった。
それはそうと、文乃が着実にメインヒロインイベントをこなしているように思えるのですが。お母様の覚えもいいし。
お約束は外さないラブコメだと思うので、パス付きフォルダの中身は家族写真だろうなあ。パスは文乃の誕生日ってとこかな。

「101メートル離れた恋」こまつれい(講談社ラノベ文庫)

男子高校生の浅田ユヅキがある日目覚めると、女の子の人形の姿になっていた! 人形の名はセブンス。一流の魔法使いであり人形師である朝霧キョウコが作り出した、世界最高クラスのスペックをもつレンタルサービス型の美少女オートマタである……らしい。その役割は、依頼者との会話、家事、警備、さらに性行為にまで及ぶ。セブンスになってしまったユヅキは、さまざまな男性の性処理のためにレンタルされ、心をすり減らす日々を過ごす。やがて一ヵ月以上が過ぎ、精神的に限界を迎えつつあったとき、セブンスは女性の依頼者である高校生の少女イチコに出会う。そして、二人は次第に惹かれ合い……!?
第8回講談社ラノベ文庫新人賞《大賞》受賞作!


男子高校生の転生先は人間でも動物でもなく女性型のオートマタ。魔法ありではあるが現代寄りな近未来で日本(北海道)が舞台の世界観。というやや変化球な異世界転生もの。
この世界のオートマタの使われ方がえげつなくて「幼気な男の子になんて惨いことを……」と、序盤はかなり印象が良くなかったのだけど、それは後の話をドラマチックにする演出の一つだった。もう一人の主人公・イチコが出てくると世界が一変する。
そうこれは、右も左も分からない異世界でひとりぼっちで日々精神をすり減らし続ける少年と、学校ではイジメにあい家族にも問題があるひとりぼっちの少女が、友情と恋心を育む濃密な4日間を描くボーイミーツガール。
やっていることは、おバカなことを言ったり冗談を言い合ったり、ランチやショッピングに行ったとり、年相応の他愛もない会話や遊びを楽しんでいるだけ。ただそれだけなのに、二人の境遇、間にあるいくつもの障害、交わらない未来を考えると、その時間が貴重で尊いものに感じて、段々切なくなっていく。
そして予想通りの結末へ・・・・・・へ? なんだと!?
出だしが雑で主人公浅田ユヅキの設定がいい加減なのは、ありがちだから思い切って削ったのかと思っていたが、それもある種の伏線だったのか。やられた。
少年少女の友情を描く青春小説として、またどんでん返しの驚きをくれる物語として、とても面白かった。納得の大賞。
ちなみに表紙は百合っぽいけど、女性型とは言えオートマタで中身が男の子とあって百合を感じることはほとんどないので、そっち系を期待する人は注意。