いつも月夜に本と酒

ライトノベルの感想を中心に興味のあることを日々つらつらと書き連ねるブログです。



「アクセル・ワールド24 ―青華の剣仙―」川原礫(電撃文庫)

物理攻撃無効。属性攻撃無効。接近不可能な超難敵《太陽神インティ》を討つべく、六大レギオンの総力が結集する。
打倒インティ、そして黒雪姫解放の鍵――。それは、インティが放つ《炎熱ダメージ》無効の強化を施された《ルシード・ブレード》、そしてその所有者たるシルバー・クロウだった。この無謀極まる作戦成功のために、ハルユキは謎多き《オメガ流合切剣》の習得を決意する。
「今後は儂を《師範》と呼べ」
だがオメガ流の使い手セントレア・セントリーの正体は、三代目クロム・ディザスター。かつて青の王に討たれ、加速世界から永久退場したはずの存在で!?


剣の師範登場の第24巻。
また女の子かい! しかも「のじゃ」口調なのにロリじゃないんかい! 寝ぼけ「なんじゃ?」は可愛かったけれども。
てなわけで、今度は釣り目巨乳お姉さんだそうですよ。この人、目元以外楓子師匠とキャラ被ってません? まあ女の子が増えすぎの現状で、キャラ被りなんて今更か。
そんな相変わらずのヒロイン増殖中の中で、今回頑張ってたのは綸ちゃん。引っ込み思案の子が勇気を出しての夜這い直結……なにそれエロい。この大胆な押しは師匠仕込みかな。
という、またしてもな新キャラ登場だったわけだけど、また女の子だったことや剣の修行よりもその前の過程、師範召喚=全損者の復活と、その前にしていたブレイン・バーストの根本的な仕組みに対して考察が話のキモだったかと。これが白の王のやろうとしていることへの伏線になるのか、対抗策になるのか。次の展開が気になる。
ストーリーは五王救出作戦開始、インティに挑戦まで。
これでも思ったより進んだな、と思うのは毒され過ぎだろうか。インティ用の特訓開始時点で半分過ぎていたから、作戦開始直前で次巻へ続くんだと思ってた。結局その後、事が大きくなって続くんですけどね(^^;
次回、逃亡劇からスタート? アマテラスさん家にケーキ持って行きそう。

第101回全国高校野球選手権大会 第12日

第1試合
明石商(兵庫) 7-6 八戸学院光星(青森)


明石商のエース中森、7回途中から登板で見事な火消し。5点差を追い付かれ、完全に光星ペースだった流れを明石商に引き戻した。
八戸学院光星は8回のピンチでスクイズを失敗させたところまでは良かったのだが、その直後にワイルドピッチで失点。悔いが残る結果となった。
高校野球にしては辛い球審だったね(^^;




第2試合
中京学院大中京(岐阜) 6-3 作新学院(栃木)


逆転満塁ホームランで中京学院大中京がまたしても終盤逆転勝利。
中京の7回からの勝負強さが際立っている。7回からプレイヤー操作という噂は本当なのか?(←おいこら
作新学院は8回の投手交代が裏目になってしまったのは、結果論なので仕方がないとして、幸先よく3点先制した後の2回からの攻撃がらしくなく淡白だった。




第3試合
星稜(石川) 17-1 仙台育英(宮城)


先発荻原が7回1失点の好投、二番抜擢の今井が満塁弾を含む7打点、2年生の活躍で星稜が大勝。奥川に完全休養をプレゼントした。 
仙台育英は6回のチャンスを逃したところで完全に勝負あり。その後は諦めてしまったのか後半試合がぐっだぐだに。




第4試合
履正社(大阪) 7-3 関東一(東東京)


エース清水が2回以降踏立ち直り、履正社が逆転勝利。
初回にホームランで3点取って、その後全く打てなくなるパターン。どこかで見たような……って今日の2試合目じゃねーか。ホームランは確実に点が入る反面、攻撃の流れを切ってしまう効果があると思う。足のチーム関東一が塁に出ないのではどうしようもない。

ボーイ(今週のアニメ感想)

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかII 第5話「竈火の館(ホーム)」

ヒノキ風呂回。アヒル隊長じゃまー!
アメリカ横断ウルトラクイズなんてアラフォー以上じゃないと知らんだろ(^^;
ヘスティア様、あなたの失態とぶっ壊した空気をベルくんがいい感じにまとめようとしたのに、なぜ邪魔をしてしまうのですか。これだから紐駄女神様は。ヒロインレースに参加できないわけだ。



ダンベル何キロ持てる? 第6話 「新しいライバルほしい?」

アームレスリング編。
先週、先生が一番色気を感じないとかいってすいませんっした! とてもえっちです! ところで、脱ぐ必要はどこにあったんですかね?
ひびきが強い!? これは意外……いや、そうか体重が。しかも、部分的に街雄化してしまったし。これはまた非モテの道を一歩前進しましたね。
銀髪少女はあれだけ尺取って咬ませかよ! これでOP/EDで出ていたキャラが全員揃ったのかな。



コップクラフト #6 「NEED FOR SPEED

フレデリカさんがエロ本を熟読しておられる。この子むっつりだなw……え?夜まで!?と思ったら、教習本だった。そりゃそうか。
この回はカーチェイスがメインなのにもう少し尺を取れなかったものか。短くて寂しい(´・ω・`)

第101回全国高校野球選手権大会 第11日

第1試合
高岡商(富山) 4-9 履正社(大阪)


四番井上の1HR5打点などの活躍で、履正社今日も打ち勝つ。
高岡商履正社と2本差の12本のヒットを打つも4点止まり。4回と6回のチャンスで、犠牲フライで攻撃が切れてしまったのが痛かった。
履正社はこの先勝ち残るには投手力が不安。




第2試合
星稜(石川) 4-1 智弁和歌山(和歌山)(延長14回)



今大会初めてタイブレークに突入した試合は、星稜六番福本のサヨナラホームランで決着。
いやー、凄い試合だった(語彙力乙
令和初めの、しばらくこれ以上が出てきそうにない名勝負。星稜奥川の評判以上のピッチングでテレビに釘付けになってしまった。特にタイブレークのノーアウト一二塁が全くチャンスに感じない、13回からのピッチングは圧巻だった。あれは高校生には打てない。対する智弁和歌山の守備も素晴らしかった。

星稜の監督は何もせずベンチに座ってるだけでいいんじゃないかな? 動くたびに裏目出るし、バントはやらせ方が中途半端だし、選手が気の毒。




第3試合
敦賀気比(福井) 3-4 仙台育英(宮城)


仙台育英が逆転でベスト8
流石は強豪校同士の対決、ランナー三塁に居る時の攻防が緊張感があって面白かった。
ただ、初回のことがあるから後味は悪い。
前の試合サイクル安打の三番杉田を初回に後頭部死球で病院送り。わざとだとは思わないが、仙台育英は出る度にダーティーなイメージを残していくな……。




第4試合
鶴岡東(山形) 6-7 関東一(東東京)(延長11回)


延長11回午後8時まで及んだ激闘は、関東一のサヨナラ勝利。
9回裏にも三番長打四番敬遠の同じシチュエーションで打てなかった5番平川が、今度は決めてくれた。関東一は相手の三倍のヒットを打ちながらなかなか決め決め切れなかったので、負けパターンかと思ったが。
鶴岡東は5安打で6点取るここぞの集中力は素晴らしかったのだが、今日は思いの外打てなかった。あと、外野守備が後ろ過ぎた。

J1 第23節

清水 0-8 札幌


はい、これが今年のエスパルスのディフェンス力です。実力通りです。
ここ3試合がまぐれと偶然だったことが証明されてしまった。
今日は神戸が珍しく失点ゼロなので、また失点と得失点差が断トツビリに逆戻り。ま、ビリはビリだから変わらんか。