いつも月夜に本と酒

ライトノベルの感想を中心に興味のあることを日々つらつらと書き連ねるブログです。



レビュー

「七つの魔剣が支配する V」宇野朴人(電撃文庫)

勉強と鍛錬を重ねて己を高めつつ、時には後輩たちを相手に頼れる先達としての一面も見せ始めるナナオたち。困難を増す魔法生物学の課題でグリフォンと格闘し、新たに加わった天文学の授業では、『異界』と『異端』についての過酷な現実を教わる。 そんな中、…

「幼なじみが絶対に負けないラブコメ3」二丸修一(電撃文庫)

沖縄でMV撮影ってマジ!? 女子たちの水着姿を見るチャンス到来か……! ヤバい、ハンパじゃないラブコメの波動を感じるぜ……! って、空港に現れた白草の雰囲気がいつもと違うんだけど!? ダメだって。節操なさすぎるって。私服姿を見ただけでトキメキすぎだろ俺。…

「新宿もののけ図書館利用案内2」峰守ひろかず(メゾン文庫)

夏を迎えた『新宿本姫図書館』に現れた幼い利用者。市谷左内坂リシヤというその子供は、女に化けるのが上手い化狸の一族の少年だった。誰にも知られないように、拾った不思議な石のことを調べたいと言うリシヤの希望を叶えるため四苦八苦する詞織とカイルだ…

「賢勇者シコルスキ・ジーライフの大いなる探求 痛 ~愛弟子サヨナと今回はこのくらいで勘弁しといたるわ~」有象利路(電撃文庫)

「クソっ、今回もダメだったか……ッ!」 担当編集は憤っていた。悪ノリで2巻が出てしまうこの『賢勇者』シリーズを王道ファンタジー路線に戻すべく、彼は時間遡行を繰り返し、未来を変えようとしていたのだ。 しかし、何度繰り返しても本作の主人公・シコルス…

「石垣島であやかしカフェに転職しました」小椋正雪(LINE文庫)

新卒OLの東山葉月は旅行先で途方に暮れていた。勤めていた会社が、夜逃げ同然に倒産してしまったのだ。更に追い打ちをかけるかのように不思議な存在に絡まれた葉月だったが、通りかかった中年男性の室井俊郎に助けられる。彼によれば、葉月は『あちら側の住…

「声優ラジオのウラオモテ#01 夕陽とやすみは隠しきれない?」二月公(電撃文庫)

「夕陽と~」「やすみの! せーのっ!」 「「コーコーセーラジオ~!」」 偶然にも同じ高校に通う仲良し声優コンビ、夕暮夕陽と歌種やすみが教室の空気をそのままお届けしちゃう、ほんわかラジオ番組がスタート! 「あーあ、何であんたみたいな根暗女と」 「う…

「金沢古妖具屋くらがり堂」峰守ひろかず(ポプラ文庫ピュアフル)

金沢に転校してきた高校1年生の葛城汀一。街を散策しているときに古道具屋の店先にあった壺を壊してしまい、そこでアルバイトすることに。……実はこの店は、妖怪たちの道具“妖具”を扱う店だった! 主をはじめ、そこで働くクラスメートの美男子・時雨も妖怪で…

「虚構推理」城平京(講談社タイガ)

巨大な鉄骨を手に街を徘徊するアイドルの都市伝説、鋼人七瀬。人の身ながら、妖怪からもめ事の仲裁や解決を頼まれる『知恵の神』となった岩永琴子と、とある妖怪の肉を食べたことにより、異能の力を手に入れた大学生の九郎が、この怪異に立ち向かう。その方…

「百錬の覇王と聖約の戦乙女20」鷹山誠一(HJ文庫)

神都を舞台にした緒戦で、見事《炎》のヴァッサーファルを撃退した勇斗たち。しかしその喜びもつかの間、神算鬼謀の信長による新たな戦術が神都に襲い掛かる。ルーネも未だ帰還せず、大陸脱出の「刻」を稼がなければいけない勇斗は、果たしてそれに対抗する…

「魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?10」手島史詞(HJ文庫)

これより、我が城に大浴場を作る! 大きいお風呂が欲しいというリリスからの訴えを受け、部下の慰労や、ネフィのためザガンは城に大浴場を建設することに。 彼は東方の建築を研究したり、なぜか魔王殿に存在した大浴場を参考になんとか完成までこぎつける。大…

「巴里マカロンの謎」米澤穂信(創元推理文庫)

「わたしたちはこれから、新しくオープンしたお店に行ってマカロンを食べます」その店のティー&マカロンセットで注文できるマカロンは三種類。しかし小山内さんの皿には、あるはずのない四つめのマカロンが乗っていた。誰がなぜ四つめのマカロンを置いたの…

「イマジン?」有川ひろ(幻冬舎)

想像力は、あるかい? 憧れの映像制作の現場に飛び込んだ、良井良助(27歳)。聞き慣れない業界用語が飛び交う現場に戸惑う日々だが、そこは現実と物語を繋げる、魔法の世界だった。 「必死で知恵絞って想像すんのが俺たちの仕事だ」 やがて良助は、仲間たちが…

「名探偵はハウスメーカーにいる 家づくりは今日も謎だらけ」宮嶋貴以(メディアワークス文庫)

戸建てを購入するのは、一世一代の決断が必要だ。ましてや注文住宅となれば、外装や間取りなど決めることが多く、家族や親族の想いがスレ違ったり衝突したり……。 そこではまさに、壮大なドラマが繰り広げられる。 大手ハウスメーカーに入社し、特別営業本部…

「隣のキミであたまがいっぱい。」城崎(MF文庫J)

同じクラスになった如月は、『他人の思考が読めてしまう』らしい。 この『読めてしまう』と『読める』の差は大きく、自分の意思にかかわらず常に他人の考えていることが聞こえてくるのには、彼女もうんざりしているという。まあだからといって同情はするが、…

「ロクでなし魔術講師と禁忌教典16」羊太郎(富士見ファンタジア文庫)

魔術祭典の準決勝へと駒を進めたアルザーノ帝国代表選手団。日輪の国のメイン・ウィザード、サクヤとの出会いにより、システィーナは魔術師としての在り方―“汝望まば、他者の望みを炉にくべよ”つまりは、己が望みのために、他者の望みを踏みにじる覚悟を試さ…

「スパイ教室01 《花園》のリリィ」竹町(富士見ファンタジア文庫)

陽炎パレス・共同生活のルール。一つ、七人で協力して生活すること。一つ、外出時は本気で遊ぶこと。一つ、あらゆる手段でもって僕を倒すこと。――各国がスパイによる影の戦争を繰り広げる世界。任務成功率100%、しかし性格に難ありの凄腕スパイ・クラウスは…

「結婚が前提のラブコメ」栗ノ原草介(ガガガ文庫)

“結婚できない人を結婚させる仲人”、白城縁太郎は今日も婚活女子のサポートに奔走している。言動がアレなエロ漫画家、牡丹(25♀)。ひたすら玉の輿を狙う元令嬢、カレン(年齢非公表♀)。究極のダメンズほいほい保育士、まひる(30♀)。そして、とある婚活パーティ…

「Unnamed Memory IV 白紙よりもう一度」古宮九時(電撃の新文芸)

「私と結婚してくれるんですか!」 「しない。どうしてそうなった」 呪いの打破を願って魔法大国トゥルダールを訪れたオスカーは、城で眠っていた一人の女を連れ帰る。解呪を申し出た彼女ティナーシャは、次期女王として圧倒的な力を持ちながら、なぜか初対面…

「午前3時33分、魔法道具店ポラリス営業中」藤まる(PHP文芸文庫)

夜ごと枕元に現れる鍵束と、繰り返し見る悪夢に悩まされている大学生の遠野晴貴。困った末に彼が辿り着いたのは、「不思議現象を解決してくれる」と噂の骨董店。そこは、同じ大学に通う、美人だが無愛想な女子大生・月城環が営む店だった。彼女は、鍵束の正…

「魔法科高校の劣等生 司波達也暗殺計画 (3)」佐島勤(電撃文庫)

西暦二〇九六年一〇月。黒羽文弥の直下で殺し屋を生業とする榛有希。彼女に新たな依頼が舞い込んでくる。 今回の暗殺ターゲットは、国防軍の軍人たちだった。用心深く警戒を重ねる標的の懐になんとか潜り込んだ有希だが、『鉄シリーズ』を名乗る謎の乱入者に…

「ひきこまり吸血姫の悶々」小林湖底(GA文庫)

「……ふぇ? な、なに?」 引きこもりの少女テラコマリこと「コマリ」が目覚めると、 なんと帝国の将軍に大抜擢されていた! しかもコマリが率いるのは、下克上が横行する血なまぐさい荒くれ部隊。 名門吸血鬼の家系に生まれながら、血が嫌いなせいで 「運動神…

「ぶたぶたのシェアハウス」矢崎存美(光文社文庫)

閑静な住宅街の中にある「シェアハウス&キッチンY」は、全六室の小さな共同住宅。一階には、大きくて温かみのあるキッチンがあって、昼間は近所の人たちが集まるイベントスポットになる。そこに新しく引っ越してきた実里は、玄関で出迎えてくれたオーナー兼…

「ヒマワリ高校初恋部!」辻堂ゆめ(LINE文庫)

私立向日葵高校では、今年から生徒全員が何らかの部活動に入らなければいけないことになった。帰宅部だったハルは、苦し紛れに「初恋部」という名の部活を自ら設立して部長に就任する。生まれてこの方恋を一度もしたことがない女子生徒が無事初恋をできるよ…

「エクストラ・フォーリン・エールワイフ2」阿羅本景(LINE文庫エッジ)

季節は三月。ミサクミラが異世界からやってきて、早三ヶ月が経とうとしていた。だがミサクミラのビール修業は一向に進展せず、失敗を繰り返していた。片や千沙都は過去の迷いを振り切ったが故の、新たな悩みを抱えていた。そんな二人へ義文は気分転換に、皆…

「居酒屋がーる2」おかざき登(LINE文庫)

居酒屋『竜の泉』で嘉穂たち3人がお酒をのんでいると、なにやら嘉穂とわけありっぽい女性、姫宮やよいが男性とともに入店してくる。美月と貴美は「もしかして男性を巡っての!きゃー!」と盛り上がるが……。酒は人と人との距離を近くし、居酒屋という空間は予想…

「活版印刷三日月堂 小さな折り紙」ほしおさなえ(ポプラ文庫)

小さな活版印刷所「三日月堂」。 店主の弓子が活字を拾い刷り上げるのは、誰かの忘れていた記憶や、言えなかった言葉――。 三日月堂が軌道に乗り始めた一方で、金子は愛を育み、柚原は人生に悩み……。そして弓子達のその後とは? 三日月堂の「未来」が描かれる…

「さよならの言い方なんて知らない。 3」河野裕(新潮文庫nex)

男は毎日、同じ行動を繰り返す。起床し、新聞を読み、改札で電車を待つ。月生亘輝。架見崎で最強と称される人物。そんな月生に対し、遂に二大勢力が行動を起こす。チーム内で派閥抗争が続く「PORT」。実質的指導者の交代で揺れる「平穏な国」。それぞれの思…

「君死にたもう流星群5」松山剛(MF文庫J)

人工衛星テロ『大流星群』で命を落とした天野河星乃。平野大地は彼女を救うため、高校時代にタイムリープを果たす。そこで彼は多くの友人たちの『夢』を手助けするが、一方で自分自身に夢がないことに劣等感を抱くようになっていく。星乃が宇宙飛行士という…

「時は黙して語らない 古文書解読師・綱手正陽の考察」江中みのり(メディアワークス文庫)

古文書に傾倒し、周囲から“解読師”と呼ばれる歴史学専修の院生・綱手。研究室で見つかった古文書の返却を任じられた綱手は、瀬戸内海の小さな島を訪れる。同行者のトラブルメーカー・相馬に振り回されつつ返却を済ませた綱手だが、連続殺人事件に遭遇してし…

「怪盗主夫は幸せな家庭を愛している」つるみ犬丸(メディアワークス文庫)

料理上手な専業主夫の黄太郎と家計を支えるキャリアウーマンの花恋。べったりとろ甘な新婚夫婦。だけども、お互いに言えないヒミツの顔があって……。実はこの二人“伝説の大怪盗”とそれを追う“腕利き捜査官”だったのだ! 家をひとたび出れば知らずのうちに敵と…